ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「不動産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:不動産チャンネル
質問!不動産売買→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で不動産売買関連の質問をチェック
質問!不動産賃貸→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で不動産賃貸関連の質問をチェック

日本橋川沿いに約284メートルのビル 三井不動産など「再開発事業」着工
施工者は日本橋一丁目中地区市街地再開発組合、竣工は2026年3月末予定。(2021/12/8)

500人に聞いた:
家を買ったタイミング 3位「結婚・婚約」、2位「子どもの入園・入学」、1位は?
不動産情報メディアを運営するAlbaLink(東京都江東区)は、家の購入経験がある500人を対象に「家を買ったタイミングに関する意識調査」を実施。家を購入した人の平均年齢や買ったタイミングを聞いた。(2021/12/8)

テレワークスペースも用意:
近鉄不動産、難波と東生駒に初の無人店舗 VRで内覧も
近鉄不動産は12月10日、近鉄難波ビル(大阪市)と近鉄東生駒駅(奈良県生駒市)に、無人の住まいの情報ステーション「SMART SPOT」を開設する。(2021/12/7)

アットホーム調べ:
神奈川県の賃貸物件で「人気の駅」 総合1位は川崎、2位は?
「アットホーム人気の駅ランキング 神奈川県編」が発表された。総合ランキングの1位は川崎駅、2位は?(2021/12/7)

アスリートライフを体験:
トレーニングできる部屋 賃貸マンションに“体験特化型”ルーム、日鉄興和不動産が開設
日鉄興和不動産が、賃貸マンションの1室を「アスリートライフ」をテーマにプランニング。実際に宿泊して、室内の空間設計や設備機能などを体験できる施設としてオープンする。(2021/12/7)

住宅ビジネスフェア 2021:
住宅・不動産の営業活動を自動化するSaasツール、見込み客と営業のアクションを時系列で管理
スマートフォンが普及した今、住宅関連の営業活動にもスピードが求められている。高額な不動産の営業であっても、営業担当者が顧客に会ってから関係構築をしていくスピード感では、成果が得にくくなってきている。コンベックスのWebベースの営業支援サービス「Digima」は、見込み客が自社のWebサイト上でどのような関心を寄せているかをウォッチし、その傾向をもとに、不動産会社は見込み客に会う前に、営業の体制を整えられる。(2021/12/6)

リテール&ロジスティクス:
兵庫・猪名川町で延べ15.8万m2の物流施設が竣工、プロロジス
プロロジスは、兵庫県川辺郡猪名川町で、計画を進めていたマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク猪名川2」が2021年8月に竣工したことを発表した。今回の施設は竣工に先立ち、賃貸面積の86%が賃貸借契約を締結済みだ。今後は、2021年11月に竣工した物流施設「プロロジスパーク猪名川1」と併せて、猪名川町に先進的物流施設の集積拠点を開発することで、西日本全域をカバーできる新たな物流ハブを構築する。(2021/12/6)

建物より立地を重視:
土地選びで優先すること 「静かな環境」や「治安」を抑えて1位となったのは?
不動産の売買・仲介・鑑定を手掛けるAlbaLinkが、全国の男女500人を対象に「土地選び・土地探しで優先することに関する意識調査」を実施した。(2021/12/4)

住宅ローンのボーナス払い、若年層ほど利用を避ける傾向に
 不動産直販サイト「FLIE」を運営するFLIE(東京都渋谷区)は、「ボーナスと住宅ローン」に関する実態調査を実施した。その結果、若年層に近づくにつれ、住宅ローンのボーナス払い利用を避ける傾向があることが分かった。(2021/12/3)

住宅ビジネスフェア 2021:
不動産物件を3DCGで仕上がりイメージを提案、プロカメラマンが起業した「バーチャルステージング」サービス
BoxBrownie.comの不動産に特化したビジュアルマーケティングサービスは、空室の物件写真に家具を配置したり、壁紙や床などを変更したりして、見込み客に対して使用時のイメージを強く喚起させる。コロナ禍で対面での打ち合わせが制約を受ける現状では、不動産物件の仕上がりイメージを3DCGで作り上げる「バーチャルステージング」は、有効な不動産提案の手法になり得ると期待されている。(2021/12/3)

産業動向:
土地所有者と事業用地を探す事業者をつなぐ、三井不動産リアルティの新サービス
三井不動産リアルティは、土地所有者と事業用の土地などを探す事業者をつなぐ土地活用サービス「ALZO」を提供している。今後は、2021年度中に、ALZOの提携企業を150社にすることを目指す。(2021/12/3)

省スペース・高効率を実現:
”キッチンをワークスペースに” 「デスクになるキッチン」誕生
日鉄興和不動産とタカラスタンダードが協同し、「デスクになるキッチン」を開発した。(2021/12/2)

リテール&ロジスティクス:
敷地面積11.9万m2の旧東芝青梅工場跡地で3棟の物流施設が完成、野村不動産
野村不動産は、東京都青梅市で開発を進めていた物流施設「Landport 青梅III」が満床で稼働開始したことを公表した。Landport 青梅IIIは、同社が手掛ける高機能型物流施設「Landport」シリーズ21棟目となる物件で、シリーズ初の自家消費型太陽光設備を採用している。(2021/12/3)

不動産市況:
2021年10月の賃貸物件の成約戸数は前年比24.5%増、ADインベストメント・マネジメント
ADインベストメント・マネジメントは、新型コロナウイルス感染症による保有する賃貸物件への影響について、2021年10月は軽微で、募集条件の緩和により稼働率の減少を抑制したことを公表した。(2021/12/1)

「サンストリート亀戸」跡地に:
東京都・亀戸に商業施設「KAMEIDO CLOCK」がオープン 2022年4月末から
野村不動産と野村不動産コマースは、東京・亀戸に新しい商業施設「KAMEIDO CLOCK」をオープンすると発表した。地域課題の解決やコミュニティの誕生など周辺地域の活性化を狙う。(2021/11/30)

プロジェクト:
実質再生可能エネルギーを100%利用する延べ1.6万m2の分譲マンションを開発、東急ら
東急と伊藤忠都市開発は、神奈川県川崎市で計画を進める分譲タワーマンション「ドレッセタワー武蔵小杉」のモデルルームを2022年1月にオープンし、同年2月に専有部の販売を開始する予定だ。(2021/11/30)

行政区は「世田谷区」が1位:
保育園に入りにくい駅ランキング ワースト3となった駅は?
スタイルアクトが、運営する分譲マンション購入・売却検討者のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」にて、東京23区2022年度入園版の保育園に入りにくい駅ランキングを発表した。(2021/11/29)

年収1000万以上が、マンションの賃貸・購入時に周辺に「あってほしい施設」 コンビニを抑えた1位は?
シンシアは、年収1000万以上で1年以内にマンション賃貸、もしくは5年以内にマンション購入を考えている東京・神奈川在住の経営者・役員に、「富裕層の物件周辺情報」に関する調査を行った。マンションの周辺情報としてチェックする項目3位は「病院」、2位は「コンビニ」という結果に。1位は?(2021/11/29)

GIS:
「地盤安心マップPRO」に土砂災害レッドゾーン情報リスト閲覧機能
地盤ネットは、多数の地盤・災害・不動産情報が閲覧できる住宅事業者向けサービス「地盤安心マップPRO」の、フラット35Sの要件変更に対応し都道府県の土砂災害ハザードマップを確認できる機能追加版を公開した。(2021/11/29)

タワマンの供給戸数が少ない:
タワマンが売れる東京と売れない大阪 住人の出身地、嗜好に影響か
不動産経済研究所の「超高層マンション動向2021」によると、首都圏でのタワマン供給予定は173棟に比べて近畿圏は46棟。なぜ開発棟数が少ないのか……。(2021/11/26)

今冬に:
阪急宝塚駅の周辺に商業施設がオープン 家電量販店とBMWが出店予定
宝塚大劇場北側の国道176号線沿いに商業施設を開発する阪急電鉄と阪急阪神不動産は、家電量販店「Joshin宝塚店」とカーディーラー「Hanshin BMW宝塚支店」がオープンすると発表した。旧宝塚ファミリーランド跡地を開発し、駅周辺エリアを盛り上げる狙いがある。(2021/11/25)

プロジェクト:
沖縄県浦添市で延べ1.6万m2の分譲マンションが着工、大和ハウス工業
大和ハウス工業は、沖縄県浦添市で開発を進める分譲マンション「プレミスト浦添港川」が2021年6月1日に着工したことを公表した。同社は、プレミスト浦添港川のショールームを2021年9月25日にオープンしている。同年12月中旬には専有部の販売をスタートする。(2021/11/25)

プロジェクト:
三井不動産、パナ工場跡地「門真市松生町商業施設計画」着工
三井不動産は、大阪府門真市松生町のパナソニック工場跡地における、商業施設、分譲マンションなどからなる大規模複合街づくり型開発事業の商業施設街区「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の起工式を行った。商業施設は2023年春に開業予定だ。(2021/11/24)

リテール&ロジスティクス:
小田急不動産が中部エリアで初の物件開発、愛知県一宮市で延べ2.6万m2の物流施設が着工
小田急不動産は、愛知県一宮市で、2022年8月の竣工に向け、物流施設の開発をスタートした。なお、同社が愛知県を含む中部エリアで不動産開発に取り組むのは今回の施設が初となる。(2021/11/24)

トレーラーハウスを活用:
都心の駐車場でプールやBBQ 三井不動産が始める「HUBHUBプロジェクト」とは?
三井不動産とShareTomorrowが、移動式ユニットを活用してリアルに集う場所を創出する「HUBHUB(ハブハブ)プロジェクト」を開始した。(2021/11/22)

1階に専用ガレージつき 西武グループ「賃貸ガレージハウス」第1弾が埼玉県入間市で建設中
ガレージハウスもいいよね。(2021/11/22)

DCEXPO 2021:
メタバース上のリアル都市を飛び回りながら物件を内見できるアプリ LIFULLが2022年春ごろ提供へ
バーチャル空間内に再現したリアル都市を飛び回りながら気になった建物の内見ツアーができるAndroidアプリ「空飛ぶホームズくん」を、不動産仲介を手掛けるLIFULLが開発している。(2021/11/19)

プロジェクト:
プロロジスが宮城県仙台市で延べ5万m2の賃貸用物流施設の開発に着手
プロロジスは、宮城県仙台市で、BTS型とマルチテナント型のいずれにも対応可能な賃貸用物流施設「プロロジスパーク仙台泉3」の開発を進めている。プロロジスパーク仙台泉3では、東北エリア全域への配送をカバーする拠点として、日用雑貨、食品、流通、Eコマースなど、幅広い業種の入居企業を募集する予定だ。(2021/11/17)

インボイス制度導入が店舗不動産の価値に影響する可能性について
インボイス制度が導入されると、仕入額控除には仕入れ先が発行した適格請求書が必要となる。用途・業種によっては益税減少の影響が生じると思われる。その一つが美容室だ。(2021/11/17)

実物資産投資として注目される「高級時計」 時計の資産価値が分かる「Watch collection」
 コロナ禍の経済不況の影響により、株式など金融資産とは別に「不動産」や「金」「お酒」「高級車」などへの実物資産に注目が集まった。中でも「高級時計」市場はコロナ禍においても驚異的な成長を遂げ、実物資産の投資対象として特に注目を集めている。(2021/11/16)

太陽光:
東急不動産、今後すべての住宅物件に太陽光パネルを搭載へ
東急不動産が、今後開発するすべての住宅物件に太陽光発電を標準搭載にすると発表。2025年の達成を目指している、企業活動に必要な電力100%再生可能エネルギーとする「RE100」の実現に向け、住宅分野の環境対応を強化する狙いだ。(2021/11/16)

家電などの説明書の追加も対応:
積水ハウス、賃貸物件などの“トリセツ”を電子化 業務効率と利便性を向上
積水ハウスは、グループが管理する賃貸住宅の入居者などに提供する取扱説明書を順次電子化していくと発表した。(2021/11/15)

自然エネルギー:
国内初、電気・ガスともにCO2排出ゼロの分譲マンション 野村不動産が建設へ
野村不動産が、使用する電気・ガスのCO2排出量を実質ゼロにする国内初の新築分譲マンションを建設すると発表。東京ガスの協力を得て実現するもので、「カーボンニュートラル都市ガス」や再エネ由来電力を活用する。(2021/11/15)

常に人材不足:
不況下で人材を吸収する不動産業界 社会のセーフティーネット的な役割
私はもう35年以上も不動産業界の周縁で生きている。ひと口に不動産業といっても、家賃5万円のアパートの賃貸仲介から、数百億円のビルの売買まで、それこそピンキリの世界である。(2021/11/13)

300人が回答:
若い未婚女性に「タワーマンション」への居住願望を聞いた 2位は「賃貸で住んでみたい」、1位は?
20〜39歳の未婚女性を対象に「タワーマンションへの居住願望に関するアンケート」を実施した。若い未婚女性はどんな回答をしたのか?(2021/11/12)

日鉄興和不動産が発表:
「ニコアンド」とコラボした分譲マンション、単身世帯の声を反映
日鉄興和不動産は、アダストリアが手掛けるブランド「niko and...(ニコアンド)」とタイアップした分譲マンション「リビオレゾン王子」を2022年1月上旬に発売する予定だと発表した。(2021/11/12)

不動産テック:
全国6000社が参加する不動産仲介オークション・サービス「ステップオークション」を本格導入、住友不動産販売
住友不動産販売は、全国6000社以上の登録宅建業者が一斉に参加する不動産仲介のオークションサービスを開始した。不動産の売却で、これまで煩雑だった複数宅建業者との条件交渉が専用システムにより、入札方式で一元化されるため、ワンストップでの売買契約が行えるようになる。(2021/11/11)

導入事例:
電子契約システムによる契約書類の署名・押印をスタート、野村不動産
野村不動産は、デジタルガレージと共同で、不動産売買契約時の重要事項説明書および売買契約書の署名・押印といった手続きを電子化するシステム「Musubell for 仲介」を開発した。(2021/11/11)

東急リバブルがマンション価格査定AI開発 誤差1.98% 査定業務を年間1万5000時間短縮へ
東急リバブルが、マンション価格査定AIを開発した。同社の査定担当者と同等の水準で不動産価格を算出可能で、査定にかかる時間を年間約1万5000時間削減できる見込み。(2021/11/9)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県さいたま市で延べ9.1万m2の物流施設が竣工、大和ハウス工業
大和ハウス工業は、埼玉県さいたま市緑区で竣工した大型マルチテナント型物流施設「DPL浦和美園」が2021年11月1日に稼働したことを公表した。なお、DPL浦和美園の全区画が賃貸借契約済みだ。(2021/11/8)

新業態を出店:
客足戻らず「まずは岸田首相が連日外食を!」 ワタミ「選挙に行ったら1杯無料」
ワタミは12月と1月に、新業態を2つ立て続けに出店する。このまま、普通の居酒屋をやっていてもダメだと見越した。その上で駅前の1階のテナントに空きが出たら、不動産店に教えてもらうように通達し、新業態を軸に攻めのスタンスをとる。(2021/11/6)

2013年以来の金融緩和で:
「コロナ特需」の背後に透けるチャイナリスク マンション市場、局地的バブル状態
都心エリアのマンションは新築も中古も値上がり傾向にあり、それは今も続いている。では、「広さと部屋数」を求めて多くの若年層ファミリーが退去した後の賃貸住宅はどうなったのか。(2021/11/5)

調査で判明:
平均総額は532万円 築30年以上の一戸建てで最も多い修繕場所は?
新築で一戸建てを購入した人は築年数を経ていく過程でどれくらいの費用をかけ、何回修繕しているのだろうか。不動産情報サービスを提供するアットホームが調査した。(2021/11/5)

プロジェクト:
都市共同化事業を採用した延べ1.5万のマンションが築地で竣工、旭化成不動産レジデンス
旭化成不動産レジデンスは、東京都中央区築地で開発を進めていたマンション「アトラス築地」が2021年10月下旬に竣工したことを公表した。(2021/11/1)

電子契約:
三井不動産が分譲マンション・戸建て購入の全書類と手続きを電子化、約1000枚を電子化
三井不動産と三井不動産レジデンシャルは、分譲マンションと戸建ての購入で求められる全書類と手続きの電子化を目指し、実現に向け活動を本格化している。両社は、各書類と各手続きの電子化後、既に導入しているオンライン商談に加え、契約から入居までの手続きについて、2022年夏までに顧客が対面と非対面の形式から選べるようにする。(2021/10/27)

プロジェクト:
テレワーク用ラウンジ搭載のマンションが江東区で竣工、個別ブースやモニターを完備
サンケイビルは、東京都江東区深川で、個別ブースや大型モニターを備えたテレワーク用ラウンジを設けた新築賃貸マンション「ルフォンプログレ門前仲町マークス」を開発した。(2021/10/27)

プロジェクト:
総延べ床面積55万m2の再開発プロジェクトが芝浦で始動、野村不動産ら
野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道(JR東日本)は、東京都港区で、再開発計画「芝浦一丁目プロジェクト」の起工式を2021年9月28日に行い、総延べ床面積が約55万平方メートルの施設開発に着手した。(2021/10/26)

製品動向:
アドバンスト・メディア、建設不動産業界向けスマート内覧会アプリ
アドバンスト・メディアは、AI音声認識とデジタル記録機能を備えるスマート内覧会アプリ「AmiVoice スーパーアテンダーDX」を発売した。(2021/10/25)

工事停止が続く:
工事止まったマンション住民悲鳴 中国恒大現地ルポ
経営危機に陥った中国不動産大手「中国恒大集団」をめぐり、猶予期限が目前に迫っていた米ドル建て債の利払い実施が伝えられたことで、国内外の市場関係者には22日、安堵が広がった。債務不履行の危機をひとまず回避した格好だが……。(2021/10/23)

定期券の20%相当額:
京王グループ、通勤定期券の利用でオフィス賃料を割引き 定期券の付加価値向上
京王電鉄と京王不動産が通勤定期券の利用でオフィス賃料の初期入居費を割引くキャンペーンを開始すると発表した。(2021/10/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。