ニュース
» 2013年10月17日 16時06分 UPDATE

クラウド向けサーバ市場、2012〜2017年の出荷台数は19.5%で成長――IDC予測

2017年の国内クラウド向けサーバ市場は、出荷台数が10万1900台、出荷額が859億7700万円になるとIDCが予測している。

[ITmedia]

 IDC Japanは10月17日、2012年の出荷実績と市場動向に基づいた国内クラウド向けサーバ市場の最新予測を発表した。これによると2017年の同市場は、出荷台数が10万1900台、出荷額が859億7700万円になるとみられている。

 IDCの定義する「クラウド向けサーバ」とは、クラウドサービス提供用のICT基盤を構築するために出荷されたサーバハードウェアを指す。2012年は、出荷台数が国内サーバ市場全体54万7200台の7.7%にあたる4万1900台、出荷金額が同4762億4700万円の7.3%にあたる349億800万円だった試算している。出荷台数の内訳は、プライベートクラウド向けが30.7%、パブリッククラウド向けが69.3%だった。出荷額では向けが87.4%、パブリッククラウド向けが12.6%となっている。

 2012〜2017年の年間平均成長率は出荷台数で19.5%、出荷金額で19.8%になる見込みだ。内訳はプライベートクラウド向けの出荷台数が37.8%、出荷額が90.4%、パブリッククラウド向けでは出荷台数が62.2%、出荷額が9.6%になる。パブリッククラウド向けでは出荷台数の比率が6割を超えているにもかかわらず、出荷額の比率が1割弱と低い。これは、パブリッククラウドサービスを提供するサービス事業者がコモディティー化したx86サーバを採用するケースが大半であること、また、導入台数が多いために価格交渉力が強い――といった理由からサーバ1台あたりの単価が低いためだという。

idc1017.gif 国内クラウド向けサーバ市場 出荷額/出荷台数予測、2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

 サーバー グループマネージャーの福冨里志氏は、「成熟市場のビジネスを成長させるためには他社のシェアを奪取する必要がある。シェアを奪取する上では、自社が提供する製品やサービスで競争可能な有効市場をできる限り正確に捕捉した上で戦略/戦術を練る必要がある。高成長が見込めるクラウドサービスの提供やクラウド基盤構築向けソリューションの拡充が重要である」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -