ニュース
» 2013年11月15日 16時10分 UPDATE

IBM、クラウド管理ソフトウェアの新バージョンをリリース

「IBM SmarterCloud Orchestrator V2.3」ではPower Systemsマルチテナント環境への対応などを図った。

[ITmedia]

 日本IBMは11月15日、クラウド構築・管理ツールの最新版「IBM SmarterCloud Orchestrator V2.3」をリリースした。価格は8万27000円(管理対象のプロセッサ1コアあたり、税別)からで、同日からIBMおよびIBMパートナー経由で販売する。

 最新版ではクラウド環境の構築や管理を自動化するオーケストレーション機能を実装する。パターン(構成や設定など)を再利用して、別のサービスをすばやく開始できるなどのメリットをユーザーに提供する。サポートする環境でも従来のKVMやVMware、Amazon EC2に、「IBM Power Systems 仮想化インフラストラクチャー」を加え、マルチテナント環境によるサービス提供を可能にした。

 その他の主な強化ポイントは以下の通り。

  • VMware HAのサポートによる障害発生時に別ホストで自動的に再起動する機能の提供
  • 異機種混合環境での制御や管理の強化による可用性の向上
  • LDAPやActive Directoryの対応による既存システムのユーザー認証の仕組みを活用した容易なユーザー管理システムの構築

 ポータル画面からパターン化したサービスメニューを選択するだけで、サービスの開始できるといった利便性の向上も特徴となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ