ニュース
» 2014年02月07日 16時19分 UPDATE

日本IBM、プライベートクラウドの構築支援を“もっと”強化

オープンソースや同社のクラウド管理ソフトを活用し、プライベートクラウド環境を構築していくためのコンサルティングや評価などを行っていく。

[ITmedia]

 日本IBMは2月7日、「プライベート・クラウド構築支援サービス」の内容をより強化して提供することを発表した。「企業の継続的成長を支えるために最適なクラウドシステムの構築を支援する」としている。

 新たなサービスでは同社が蓄積したプライベートクラウドの設計・構築ための最適な方法論をベースに、顧客企業のビジネスやITの要件に合致した本格的なクラウド環境を実現していける支援のための内容を強化・拡充したという。

 具体的にはアセスメントやデモンストレーションなどの検討段階を支援する内容を充実化したほか、システムの運用監視とバックアップのマネージドサービスも拡充、セキュリティサービスも加えて、企業のクラウド環境の整備を包括的に支援していく。そのための人材体制も強化した。

 今後はパブリッククラウドサービスSoftLayerとプライベートクラウドを容易に連携できるサービス拡張も予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -