ニュース
» 2014年03月17日 15時55分 UPDATE

国内サーバ市場、出荷額でNECと富士通が初めて並ぶ――IDC調べ

IDCが2001年に調査を開始して以来、初めてNECと富士通がシェアトップで並んだという。

[ITmedia]

 IDC Japanは3月17日、2013年の国内サーバ市場動向を発表した。市場規模は前年比1.1%増の4608億円となる一方、出荷台数は同0.5%減の57万台だった。

 2013年の同市場ではx86サーバやメインフレーム、ビジネスサーバ、スーパーコンピューターの出荷額が増えたものの、IA64サーバとRISCサーバは前年より40%以上減少した。IDCはUNIXサーバ市場が更新需要主体となり、新規需要を取り込めていないと解説。サーバ全体に占めるx86サーバの割合は、同7.3ポイント増の63.1%で、平均単価も14.3%アップした。今後の同市場ではx86サーバが動向を左右していくとみている。

 ベンダー別出荷額では富士通とNECがともに20.6%で首位に並んだ。富士通は、x86サーバ出荷額で前年比2桁アップになり、NECはメインフレーム出荷が好調だった。NECが富士通に追い付き、国内サーバ市場の出荷額で首位になるのは、IDCの調査開始以来初めてという。

idc0317.gif 2013年 国内サーバ市場ベンダーシェア・出荷額(出典:IDC Japan)、※IDCではサーバ市場におけるベンダー出荷実績の差が1%未満の場合はランキングでは同位として扱っている

 なお、2013年第4四半期(10〜12月)の出荷額は同7.0%増の1147億円。ベンダー別シェアではNEC、富士通、IBM、HP、日立製作所、デルの順になった。

関連キーワード

IDC | サーバ市場 | 富士通 | NEC(日本電気)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -