ニュース
» 2014年05月09日 15時52分 UPDATE

NEC、ファイルサーバの整理方法をお勧めするソフト発売

最も効果が高い整理条件を「おすすめ」する機能を搭載するほか、分散するファイルサーバの統合管理もできる。

[ITmedia]

 NECは5月9日、ファイルサーバ内の不要なファイルの検出や整理を支援するソフトウェア製品の最新版「NEC Information Assessment System V3.1」を発売した。

 新製品では最も効果が高い整理条件を推奨する「おすすめ整理」機能を搭載。不要ファイルなどの削減効果や前回検査時からの差分(容量、問題のあるアクセス権)などをワンクリックで確認できるアシスト機能も用意する。運用管理者が集計結果を分析していた工数を削減し、集計後すぐに削減候補を特定できるようになるという。

nec0509.jpg 「おすすめ整理」機能の画面イメージ

 また、拠点に分散配置された複数のファイルサーバを各拠点の管理サーバで集計分析し、さらにその結果を1台の統合管理サーバでも集計・閲覧できる。管理可能な最大容量は1ペタバイトで、大規模環境でのファイルサーバの統合管理にも対応できるとしている。

 税別販売価格は50万円から。オプションとしてアクセス権限の設定やクォータ設定などができる「リソース管理オプション」(税別販売価格は50万円)も提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -