ニュース
» 2014年05月20日 14時48分 UPDATE

企業のIT支出は微増も、内容に変化――2014年上期の動向

ガートナーによれば、IT予算の使われ方では「運営」から「成長」や「変革」に重点を置く傾向が強まっている。

[ITmedia]

 ガートナー ジャパンは5月20日、「2014年上期国内IT投資動向」を発表した。企業のIT支出規模は0.87%増の23兆2670億円となるものの、ビジネスの「成長」や「変革」のための投資が増加している。

 2017年までの年平均成長率は1.1%を見込む。これは米国の3.1%や中国の8.4%を下回る見通しだという。

gartner01.gif 日本のIT支出規模予測(2013年第4四半期版)、出典:ガートナー ジャパン

 投資内容については、日本では8割弱が「運営(継続的な事業運営のためのIT支出)に費やされ、ビジネスの「成長」向けは13.9%、「変革」のための予算は9.1%にとどまっていた。しかし、2014年度のIT予算の増減傾向では、新規参入の脅威や新たな代替技術の登場、規制環境・制度の変化などを背景とした「成長」「変革」のための投資を増加させている企業が多い状況となった。

gartner02.gif 2014年度IT総予算のビジネスを軸とした内訳の増減傾向、出典:ガートナー ジャパン

 ビジネスの価値を生み出す業務アプリケーションとして、今後3年間で重点投資すべき領域を尋ねた結果では「ビジネス・インテリジェンス」の選択率の上昇が顕著である一方、「文書管理・情報共有」では低下がみられた。「成長」「変革」と情報活用の相関性を示す結果が裏付けられたとしている。

 この調査は2013年10〜12月に、国内企業616社を対象に実施した。

関連キーワード

IT投資 | 企業 | Gartner | BI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ