ニュース
» 2014年08月08日 07時11分 UPDATE

8月の月例パッチは9件、Microsoftが公開予告

Microsoftの月例セキュリティ情報は日本時間の8月13日に公開予定。「緊急」レベルの2件ではIEとWindowsの脆弱性に対処する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは、8月の月例セキュリティ情報9件を米国時間8月12日(日本時間13日)に公開し、WindowsやInternet Explorer(IE)などの脆弱性に対処すると予告した。

 9件のセキュリティ情報のうち、IEとWindowsを対象とする2件は最大深刻度が4段階で最も高い「緊急」に分類されている。IEはサポート対象の全バージョンで脆弱性を修正する予定。特にクライアント版のIE 7〜11は深刻な影響を受ける。Windowsの更新プログラムではWindows 7/8/8.1の深刻な脆弱性を修正する。

 残る7件はいずれも深刻度が上から2番目の「重要」の分類で、OneNote 2007、SQL Server、Windows、SQL Server、SharePoint Server、.NET Frameworkなどが対象となる。リモートコード実行や権限昇格、セキュリティ機能迂回などの脆弱性の修正を予定している。

Bulletin ID Maximum Severity Rating and Vulnerability Impact Restart Requirement Affected Software
Bulletin 1 Critical:Remote Code Execution Requires restart Microsoft Windows, Internet Explorer
Bulletin 2 Critical:Remote Code Execution May require restart Microsoft Windows
Bulletin 3 Important:Remote Code Execution May require restart Microsoft Office
Bulletin 4 Important:Elevation of Privilege May require restart Microsoft SQL Server
Bulletin 5 Important:Elevation of Privilege Requires restart Microsoft Windows
Bulletin 6 Important:Elevation of Privilege Requires restart Microsoft Windows
Bulletin 7 Important:Elevation of Privilege May require restart Microsoft Server Software
Bulletin 8 Important:Security Feature Bypass May require restart Microsoft Windows,Microsoft .NET Framework
Bulletin 9 Important:Security Feature Bypass Requires restart Microsoft Windows

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ