ニュース
» 2014年10月07日 14時45分 UPDATE

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月7日現在)

バッファローやNECなど各社の主な更新情報をアップデートした。

[ITmedia]

 LinuxなどUNIX系OSで使われているシェル「bash」にOSコマンドインジェクションの深刻な脆弱性が発覚した問題で、国内メーカーなどの対応状況を10月7日午後2時現在で取りまとめた。なお、編集部で確認できた範囲のため、情報が網羅されているわけでないことをあらかじめお断りしておく。脆弱性の詳細などについて、JPCERT コーディネーションセンターが情報を公開している。

メーカー

10月7日更新

アライドテレシス

該当製品あり(詳細)……Unified Wireless Controller(UWC) 2.1.0以前、AT-UWC-APL-Z1 2.1.0以前

バッファロー

影響を受ける製品(対策ファームウェアあり)……TS5000シリーズ

調査中……ストレージ関連製品(外付けHDD/ポータブルHDDなど)、NAS関連製品(その他のTeraStation/LinkStation)

※TeraStationおよびLinkStationシリーズで「WEBサーバ機能をインターネットに公開する設定」は脆弱性の影響を受ける可能性があり、WEBサーバ機能を停止するか、インターネットへの公開を停止する(2014年10月24日完了予定)。

NEC

影響を受ける製品……SECUREMASTER/AccessControlPluginおよびSECUREMASTER/AccessControlServer(回避策などの情報)、SECUREMASTER EnterpriseDirectoryServer Linux/HP-UX/Solaris版の全バージョン(回避策などの情報)、UNIVERGE SG3000・Express5800/SG・InterSecVM/SG(詳細情報)、Express5800/MW・InterSec/MW・InterSecVM/MW(詳細情報)、Express5800/CS・InterSec/CS・InterSecVM/CS(詳細情報)、Express5800/LB・InterSec/LB・InterSecVM/LB・InterSecVM/LBc(詳細情報)、JVMSaver Linux版(詳細情報)、WebOTX(詳細情報

日立製作所

影響を受ける製品……VFP(Hitachi Virtual File Platform)、Virtage(BladeSymphonyBS2000/ BS500/BS320/BS1000シリーズ)

調査中……HA8500シリーズ、ロードバランサ AX2000/AX2000HL/AX2500、ロードバランサ BIG-IP1500、ディスプレイ/キーボードユニット/コンソール切替ユニット

センチュリー・システムズ

影響を受ける製品(対策ファームウェアあり)……FutureNet MA-E300シリーズ、MA-E200シリーズ、MA-E120シリーズ、MA-800シリーズ、FutureNet MA-450シリーズ、MA-430シリーズ、MA-420シリーズ、MA-410シリーズ、NXR-1200、NXR-350/C、NXR-230/C、NXR-155/Cシリーズ、NXR-130/C、NXR-125/CX、NXR-120/C、NXR-G100シリーズ

影響を受ける製品(対策ファームウェアあり、もしくは予定)……FutureNet RA-1200、RA-730、RA-1100、RA-630、XR-1200、1100シリーズ、XR-730/C、XR-540/C、XR-510/C、XR-430、XR-410シリーズ、XR-410/TX2-L2、WXR-250

10月3日記載

アイ・オー・データ機器(注記1)

影響を受ける製品(対策ファームウェアあり)……HDL-XR/XRW シリーズ、HDL-XR2U/XR2UW シリーズ、HDL-XV/XVW シリーズ、HDL-A/AH シリーズ、HDL2-A/AH シリーズ、HDL-S シリーズ、HDL2-S シリーズ、HDLP-S シリーズ、HDLP-G シリーズ、ASD-XR4.0、HVL-A/AT/ATA シリーズ、HVL-AV/AVR/AVS シリーズ

影響を受ける製品(調査中)……HDL-GT シリーズ、HDL-GTR シリーズ、HDL-GTR2U シリーズ、HDL-GXR シリーズ、HVL1-G シリーズ、HVL4-G シリーズ、AV-LS700B、HVT-BCT300 S/L

影響を受ける製品(調査中・注記2あり)……HDL2-G シリーズ、HDL4-G シリーズ、HDL-GS シリーズ

※注記1:上記は過去5年以内に販売をした製品のみ

※注記2:Webサーバ機能を利用の場合は、機能を停止するかインターネットへの公開を停止すること

ヤマハ

影響を受ける製品(対策ファームウェアあり)……WLX302

トレンドマイクロ

影響を受ける製品(対応済み)……Hosted Email Security、ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス、Remote Manager、License Management Platform、Customer Licensing Portal、Trend Micro SSL、Email Reputation Service、Threat Management Services Portal

影響を受ける製品(パッチあり)……InterScan Messaging Security Virtual Appliance 8.2および8.5、InterScan Web Security Virtual Appliance 5.6

影響を受ける製品(条件あり)……Trend Micro Deep Security

確認中……Deep Discovery Advisor、Deep Discovery Email Inspector、Smart Scan Server/Smart Protection Server、Trend Micro SafeSync for Enterprise、Trend Micro Data Loss Prevention

10月2日記載

富士通

影響を受ける製品(開発元パッチあり)……Oracle Solaris、Red Hat Enterprise Linux、VMware、Cisco Catalyst

影響を受ける製品(対応調整中)……ETERNUS NR1000F series、PRIMERGY FCスイッチブレードおよびPRIMERGY BX600 ファイバーチャネルスイッチブレード(次期ファームウェアで改修予定)

調査中の製品……IPCOM EX/VX/VA/L/Sシリーズ

※Interstage Application Serverは影響ないものの、アプリケーションの開発方法によってはOSの該当機能を利用するケースもあり、OSパッチの適用を推奨

ソリトンシステムズ

影響を受ける製品……NetAttest D3(対策バージョンあり)、NetAttest WAF(次バージョンで対策予定)

シー・エス・イー

SECUREMATRIXでは影響なし。ただし、脆弱性検査などで「該当する」と診断される可能性がある。

マクニカネットワークス

影響を受ける製品(条件あり)……Splunk Enterprise 6.1.x/6.0.x/5.0.x、Splunk Hunk 6.1.x/6.0.x

インフィニコ

影響を受ける製品あり。詳細はWebサイトを確認

デジタルアーツ

D-SPA、FinalCodeに差し迫ったリスクはなし。製品の構造上、継続利用に問題なし

インフォテリア

影響を受ける製品および修正対応などの情報あり。詳細は同社に確認を

ミラクルリナックス

影響を受ける製品(パッチあり)……Asianux Server 3 for x86(32bit)/for x86_64(64bit)、Asianux Server 4 for x86(32bit)/for x86_64(64bit)

影響を受ける製品(個別対応などが必要)……MIRACLE ZBX アプライアンス、MIRACLE LoadBalancer

JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ

影響を受ける製品(限定的)……CA Gléas 1.11.94までの全バージョン(パッチ適用はバージョンごとに要確認)

ネットスプリング

影響を受ける製品(対応予定あり)……AXIOLEシリーズ、SSOcubeシリーズ

アルプスシステムインテグレーション

影響を受ける製品は無し

セイコーソリューションズ

影響を受ける製品は無し

10月1日記載

テックウインド

取り扱うQNAP Systems製品のファームウェア(4.1.1 Build0927)情報を提供

古河電気工業

影響を受ける製品は無し

サービス事業者など

KDDIウェブコミュニケーションズ

対策済みのサービス……Twilio

対策準備中のサービス……レンタルサーバー CPI、Jimdo、corabbit、OneMe

※ユーザー自身での対応が必要なサービスあり

アラタナ

対策済みのサービス……カゴラボ

MySubversion

CVE-2014-6271およびCVE-2014-7169の2件について修正対応が完了

関連キーワード

脆弱性 | OS | Linux | JPCERT/CC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ