ニュース
» 2014年10月07日 21時08分 UPDATE

NTTデータ、OSS統合運用ソフトでMicrosoft Azureに対応へ

同社が提供しているオープンソースソフトウェア「Hinemos」で、Microsoft Azureで稼働するシステムを運用管理できるようになる。

[ITmedia]

 NTTデータは、オープンソースの統合運用ソフト「Hinemos」でMicrosoftのパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」で利用しているシステムを管理できる「Hinemos クラウド管理オプション Standard for Azure」の提供を開始した。

 このオプションを利用することで、Azureでのサーバリソースや構成の変化に自動的に追随したシステム監視やジョブ実行が可能になるほか、システムの稼働状況から需要分析を行い、サーバの増設やバックアップの管理など、システムのライフサイクルにおける一元的な制御も行える。

 また、Hyper-V環境の自動運用を支援する「Hinemos VM管理オプション」での自動検知機能を強化し、仮想マシンの属性に合わせた監視やジョブの自動運用を簡易に行えるようになるという。同社は2つのオプションを活用して、AzureやHyper-Vを組み合わせたハイブリッドクラウド環境でも一元的な運用管理が実現すると説明している。

 クラウド管理オプション for AzureのStandard版は、SourceForgeでVM Depotによるテンプレートを無償公開する。同Enterprise版での提供時期は調整中。VM管理オプション(Hyper-V)はHinemosパートナー企業から提供される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ