ニュース
» 2014年10月31日 19時35分 UPDATE

トポロジーマップ機能を強化 ゾーホー、サーバネットワーク統合監視ソフトの最新版

ゾーホージャパンが、サーバネットワーク統合監視ツール「ManageEngine OpManager」の最新版をリリースした。

[ITmedia]

 ゾーホージャパンがサーバネットワーク統合監視ツール「ManageEngine OpManager」の最新版「11.4」を10月28日にリリースした。

photo 自動でネットワーク構成を描画する「トポロジーマップ」

 ManageEngine OpManagerは、仮想サーバ、物理サーバ、ネットワーク機器、Syslog、イベントログの統合的な運用監視を実現するサーバネットワーク監視ソフトウェア。最新版では、自動でネットワーク構成を描画するトポロジーマップの描画機能を強化し、ユーザーがニーズに合わせてカスタマイズできるネットワーク構成図、3D表示のサーバラックビューなどの各種マップ、ワークフロー作成機能の安定性を向上させた。

 Cisco Unified Computing System(UCS)との連携も深める。Cisco UCS XML APIを使用し、すべてのCisco UCSとそれを構成するコンポーネントを監視できるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -