ニュース
» 2014年11月18日 16時08分 UPDATE

NECとトレンドマイクロ、SDN型サイバー攻撃対策ソリューションを共同開発

NECとトレンドマイクロはSDN対応製品とセキュリティ製品を連携させ、サイバー攻撃を自動防御するソリューションを共同開発する。

[ITmedia]

 NECとトレンドマイクロは11月18日、サイバー攻撃を自動防御するソリューションの共同開発を発表した。2015年3月にNECが提供を開始する。

 新ソリューションではNECのSDN対応「UNIVERGE PFシリーズ」とトレンドマイクロのセキュリティ製品「Deep Discovery Inspector」「Trend Micro Deep Security」を連携させる。価格帯は850万円からで、NECの「UNIVERGE PF6800」「UNIVERGE PF5000」シリーズとトレンドマイクロのセキュリティ製品で構成される。

 同ソリューションは、トレンドマイクロ製品によるネットワーク上での「ふるまい監視」や、不正プログラム感染や改ざんの検知などに基づいて、NECのSDNコントローラがSDNネットワークを動的に制御。これにより、不正なPC端末やサーバなどの隔離・遮断、検疫、監視、および通信経路変更によるサービスの切り替えが自動化できる。

tmnc01.jpg ソリューションイメージ

 標的型攻撃などの高リスクなセキュリティインシデントに対して、企業や組織が迅速な初動対応をとれるようにするほか、検知から処置までを自動化して人的な操作ミスも削減する。また、運用者のスキルに頼らない運用レベルの均一化を図ることができる。

 NECはSDNの普及促進を図るため、2014年10月にSDNパートナーシッププログラム「NEC SDN Partner Space」をスタート。今回発表したソリューションは、同プログラムに参加しているトレンドマイクロとのパートナーシップ連携の第1弾となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ