ニュース
» 2015年03月12日 11時14分 UPDATE

Google、レスポンス3秒以内・1Gバイト1セントのコールドストレージ”「Cloud Storage Nearline」βリリース

Googleが、Google Cloud Storageユーザー向けのコールドストレージサービス「Nearline」をβ版でリリースした。Amazonの「Glacier」とほぼ同額でレスポンスタイムは最長3秒。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月11日(現地時間)、クラウドベースのいわゆる“コールドストレージ”サービス、「Google Cloud Storage Nearline」のβ版をリリースした。

 コールドストレージとは、ディザスタリカバリやコンプライアンス対応のためのバックアップデータなど、ほとんどアクセスはしないが保存する必要のあるデータを保存するサービス。一般にはテープドライブなどを使い、安価であってもアクセスに時間がかかる。

 Nearlineは「near online(オンラインに近い)」に由来し、オフラインのコールドストレージサービスとほぼ同等の価格で比較的高速にアクセスできるストレージサービス。

 「Google Cloud Storage」とシームレスに連係しており、同サービスのデータを簡単にバックアップ・リトリーブ・アクセスできるという。レスポンスタイムは最長でも3秒。Google Cloud Storageなどのクラウドサービスよりは遅いが、3時間以上かかるオフラインのコールドストレージよりは格段に速いとしている。

 価格は月額1Gバイト当たり1セント(約1.2円)。

 nearline クラウドストレージ、Nearline、オフラインコールドストレージの価格とレスポンスタイムの比較を表すグラフ

 企業ユーザーが従来のバックアップシステムからNearlineに移行するのをサポートするパートナー企業として、Googleは米Symantec傘下のVeritas、米NetApp、米Iron Mountain、加Geminareを紹介した。

 同様のコールドストレージサービスとしては、米Amazon.comが2012年にリリースした「Glacier」(氷河という意味)などがある。こちらの料金は月額1Gバイト当たり0.012ドルだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -