ニュース
» 2015年11月30日 07時30分 UPDATE

即席!3分で分かるITトレンド:毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「Hadoop」

大規模データの効率的な分散処理を実現するソフトウェア基盤である「Hadoop(Apache Hadoop)」は、ビッグデータの活用を支えるテクノロジーとして注目を集めてきました。今回はHadoopの役割について整理してみましょう。

[斎藤昌義(ネットコマース株式会社),ITmedia]

この連載は

 カップめんを待つ間に、電車の待ち時間に、歯磨きしている間に“いまさら聞けない”ITトレンドが分かっちゃう! 今さら聞けないITの最新トレンドやビジネス戦略を、体系的に整理して分かりやすく解説する連載です。「この用語、案外、分かっているようで分かっていないかも」「IT用語を現場の社員にもっと分かりやすく説明できるようになりたい」――。情シスの皆さんのこんな課題を解決します。


ビッグデータの影に「Hadoop」あり!?

 「膨大な量、急激な増加、多様な形式」といった特徴を持つビッグデータを多数の小さなデータのまとまりに分割して複数のコンピュータに分散させて処理し、その結果を集約して短時間で効率よく結果を出すためのソフトウェアが、「Hadoop」です。

 膨大なデータ量は、一台のコンピュータで処理するとなると、たとえ高速・高性能なコンピュータを使っても限界があります。しかし、このソフトウェアを使えば、コンピュータを必要に応じて増やすことで処理能力を順次拡大できるので、上限を気にする必要がありません。最大数千台のコンピュータに分散させることができます。

 Hadoopを使わなくても、複数のコンピュータに処理を分散させることはできます。しかし、そのためには、コンピュータ同士の通信、処理状況の監視、障害時の対応などを考えてプログラムを作り込まなければならず、技術的に難しいものでした。

 しかし、Hadoopはそういった面倒な処理を一手に引き受けてくれるので、プログラマーは、目的とする業務処理プログラムの開発だけに集中できるようになったのです。

コレ1枚で分かる「Hadoop」
Photo

 Hadoopは、大きく分けてHDFSとMapReduceで構成されています。HDFS(Hadoop Distributed File System:分散ファイルシステム)は、膨大なデータを複数のマシンに分割保管して、これを1つのストレージとして扱うための仕組みです。MapReduceは、HDFSから取り出したデータを複数のデータのまとまりに分割し、複数のコンピュータに並列処理させる一連の手順を管理する仕組みです。

 このような仕組みが生まれたことから、ビッグデータの扱いが容易になり、その適用範囲が広がってきたのです。

著者プロフィル:斎藤昌義

book 【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド [Kindle版]

 日本IBMで営業として大手電気・電子製造業の顧客を担当。1995年に日本IBMを退職し、次代のITビジネス開発と人材育成を支援するネットコマースを設立。代表取締役に就任し、現在に至る。詳しいプロフィルはこちら。最新テクノロジーやビジネスの動向をまとめたプレゼンテーションデータをロイヤリティフリーで提供する「ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA」はこちら


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -