ニュース
» 2016年01月18日 13時00分 UPDATE

即席!3分で分かるITトレンド:【図解】コレ1枚で分かる「ERPと他の手法との関係」

ERPの他にも、経営や業務の全体最適を目指す手法があります。その代表的なものを、製造から物流・販売、人事、財務といった一連の企業活動に沿って整理しながら解説します。

[斎藤昌義(ネットコマース株式会社),ITmedia]

この連載は

 カップめんを待つ間に、電車の待ち時間に、歯磨きしている間に“いまさら聞けない”ITトレンドが分かっちゃう! 今さら聞けないITの最新トレンドやビジネス戦略を、体系的に整理して分かりやすく解説する連載です。「この用語、案外、分かっているようで分かっていないかも」「IT用語を現場の社員にもっと分かりやすく説明できるようになりたい」――。情シスの皆さんのこんな課題を解決します。


 ERP(Enterprise Resource Planning)は、ヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源を一元的に把握し、部門を越えた会社全体の最適化を志向する経営手法です。ERP以外にも、経営や業務の全体最適を指向した手法や考え方があります。

【図解】コレ1枚で分かる「ERPと他の手法との関係」

MRP:Material Requirements Planning / Manufacturing Resource Planning

 資材所要量計画。商品を製造する際に必要な部品・材料の種類×数量を把握するための手法。またこれを発展させ、部品や資材だけでなく、人的資源や生産設備の能力などを勘案して製造に必要な日程の把握までを行う手法。ERPは、このMRPを経営資源全体に広げたもの。

SCM:Supply-Chain Management

 サプライチェーンマネジメント(供給連鎖管理)。小売店や卸店、メーカー、部品・材料サプライヤーといったモノの流通に関わる企業が情報を共有し、仕入れ数量と販売数量を一致させるための仕組み。

【図解】コレ1枚で分かる「ERPと他の手法との関係」

CRM:Customer Relationship Management

 カスタマリレーションシップマネジメント(顧客関係管理/顧客情報管理)。顧客ごとの購買履歴や顧客の属性を管理し、顧客の趣味・嗜好(しこう)に合わせた最適な商品やサービスを告知、提案するための仕組み。

PDM:Product Data Management

 製品データ管理/設計技術情報管理。商品の開発、設計、製造に至る業務に必要なデータを一元管理するシステムのこと。ある製品がどのような部品で構成しているかを表す部品表管理機能を含む。

PLM:Product Life-cycle Management

 製品ライフサイクル管理。PDMを発展させて、商品を開発し、市場に投入してから発売中止になるまでの全ての期間(ライフサイクル)に渡るデータを一元管理する仕組み。

著者プロフィル:斎藤昌義

book 【図解】コレ1枚で分かる最新ITトレンド [Kindle版]

 日本IBMで営業として大手電気・電子製造業の顧客を担当。1995年に日本IBMを退職し、次代のITビジネス開発と人材育成を支援するネットコマースを設立。代表取締役に就任し、現在に至る。詳しいプロフィルはこちら。最新テクノロジーやビジネスの動向をまとめたプレゼンテーションデータをロイヤルティーフリーで提供する「ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA」はこちら


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -