ニュース
» 2016年02月17日 10時00分 UPDATE

Computer Weekly:オールフラッシュとハイブリッドフラッシュ、徹底的に比べて分かったこと

クラウドベースアプリプロバイダーのClarizenは、自社導入のためにオールフラッシュとハイブリッドフラッシュを徹底検証した。コスト的なメリットすら打ち消す、ハイブリッドフラッシュの欠点とは?

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 クラウドベースのコラボレーションツールプロバイダーである米Clarizenは、HDDベースのストレージを米Kaminarioのオールフラッシュアレイ(以下、オールフラッシュ)でリプレースした。ハイブリッドフラッシュアレイ(以下、ハイブリッドフラッシュ)の導入も検討したが、比較テストを実施した結果、オールフラッシュの圧勝だった。パフォーマンスの点で、ハイブリッドフラッシュには著しい遅延がみられたという。

Computer Weekly日本語版 2月17日号無料ダウンロード

18710.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月17日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Clarizenは、世界4カ所(英ロンドン、オランダのアムステルダム、米ニュージャージー州、米カリフォルニア州)にある同社データセンターでクラウドベースのコラボレーションツールを世界中の顧客に提供している。

 同社は最近、キャパシティーを拡大する必要に迫られた。また、社内システムのHDDストレージアレイ(メーカー名は非公開)で想定通りのパフォーマンスが出ないことが増えてきた。これらが市場調査を始めた理由だと、同社でマネージドサービス担当のバイスプレジデントを務めるマイア・ウジエル氏は説明する。

 「ストレージを増設する必要があったが、当時利用していたストレージのプロバイダーは、パートナーとしてあまり親身になってくれなかった。われわれに接する態度は積極的とはほど遠く全くの受け身で、ライセンス契約更新の書類を年1回送ってくるだけだった」

 ウジエル氏はさらに続けて次のように語る。「HDDベースのストレージには、パフォーマンスの問題があった。IOPS(1秒当たりのI/O数)の制限のために至る所でボトルネックが発生し、それがデータベース、バックグラウンド処理、バックアップ処理に影響していた。いよいよフラッシュストレージを試すべき時が来たと思った」

 ClarizenはHDD、オールフラッシュ、ハイブリッドフラッシュの3種類の製品を調査した。各製品で本番環境のデータを使い、2カ月余りをかけて概念実証(PoC)を行った。

 その結果ウジエル氏のチームは、オールフラッシュのパフォーマンスが他の2種の製品をはるかにしのぐことを確認し、Kaminarioのオールフラッシュ「K2」を同社のデータセンターに導入した。

 Kaminario K2の仕様は次の通り。サイズは4〜26Uで、キャパシティーは7TB〜1.44PB、IOPS値は数百万。フラッシュドライブは400GBまたは800GBのMLC(Multi Level Cell)タイプだが、TLCタイプのドライブも開発ロードマップに含まれている。

 Kaminario K2の場合、コモディティのハードウェアと独自のOS、SPEAR(Scale out Performance and Resilient Architecture)を使ってオールフラッシュを構築する。Kaminarioによると、書き込みを分散させることと、書き込みバッファを設けることでホットスポット(負荷が集中する部分)の発生を回避しているという。また、フラッシュの利用期間は7年を想定している。

 Kaminarioのアレイでは、ブロックアクセス(ファイバーチャネルおよびiSCSI)、シンプロビジョニング、インラインデータの重複排除と圧縮をサポートしている。一方、将来実装予定の機能として、スケールアップも挙げられている。これは、演算装置を追加することなくストレージの媒体を増設するもの。また、増設後でも数百万のIOPS値を維持することができる。

 ウジエル氏の見解は次の通りだ。Clarizenがテストを実施したハイブリッドフラッシュ(同氏はその製品名の公表を拒否した)では、フラッシュコンポーネントのパフォーマンスがオールフラッシュのそれに比べて大幅に劣っていたし、フラッシュとHDDの間のティアリングもうまく動作しなかった。

 「われわれがテストしたハイブリッド製品では、ハイブリッドの効果があまり感じられなかった」と同氏は感想を漏らす。「ハイブリッドシステムにはフラッシュが組み込まれているが、データを取得する際に必ずHDDへのアクセスが発生する。オールフラッシュなら、こんなことは起こりようがない」

 「われわれがテストしたハイブリッドシステムは、HDD 1台とフラッシュ1台の2種類のシステムを同時に操作するような感覚だった。サプライヤーは、ティアリングシステムでデータを好きな場所に移動させるデモを見せてくれたが、いざ自分たちでテストしてみると、ティア間でデータを移動させる操作はうまくいかなかった」

 またウジエル氏はKaminarioのフラッシュについて、テストで使ったハイブリッドシステム内のフラッシュに比べて10倍速く、特にIOPS値は大きな差があったと明かす。

 そして同氏は、今後フラッシュの価格が下がれば、ハイブリッドフラッシュの商品価値はなくなるという結論に達した。

 「ハイブリッドフラッシュは期待したほどのものではなかった。フラッシュの価格がこのまま下がり続けるなら、ハイブリッドフラッシュはいずれ市場から消えると思う」

Computer Weekly日本語版 2014年8月6日号:RAIDはもういらない(転載フリー版)も公開中!

0812top.jpg

過去の大人気号を無償公開! 閲覧に会員登録は不要! 転載・再配布OK! の特別バージョンです。「大容量HDDでRAIDを組んではいけない理由」を解説した大ヒット企画の他、4本の記事を収録しています。

※本PDFは、TechTargetジャパン会員でなくても無料でダウンロードできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -