ニュース
» 2017年01月20日 08時45分 UPDATE

IDGを中国コングロマリットChina Oceanwideが買収

調査会社IDCやメディアのMacworldやPCWorldで知られる米IDGを、中国のコングロマリットChina Oceanwideが買収する。IDGは買収完了後も現在のチームで運営を続ける見込み。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国の大規模国際コングロマリットChina Oceanwide Holdings Groupは1月19日(現地時間)、メディアのPCWorldやMacworldを擁する米International Data Group(IDG)を買収することで合意に達したと発表した。買収総額は公表されていないが、米Wall Street Journalによると、10億ドル以下という。取引は第1四半期(1〜3月)中に完了する見込み。

 idg 1 OceanwideによるIDG買収を報じるPCWorld

 買収するポートフォリオには、調査会社のIDCやVCのIDG Venturesも含まれる。

 IDGは、1964にパトリック・マクガバン氏が創業した、IT分野に特化したメディア、調査サービス、展示会/イベント運営、ベンチャーキャピタル事業を手掛ける非公開企業。2014年3月にマクガバン氏が亡くなった後は取締役会が運営し、約1年前から売却先を探していた。

 China Oceanwideは1985年創業の非公開企業。金融サービス、不動産、メディア、Technology、投資などを手掛け、世界で1万2000人以上の従業員を擁する大コングロマリットだ。

 idg 2 Oceanwideの英語版Webサイト

 同社はメディア事業を投資の新たな分野と見なしており、IDGは“自然な選択”という。「市場調査と分析の世界的なリーダーであり、著名なブランドの技術メディアのパブリッシャーでもあり、成功するVCでもあるIDGはわれわれにとって魅力的な投資先だ」とOceanwideは説明する。

 IDGの拠点はボストンのままで、現在のチームが運営を続ける。IDCのCEO兼社長のカーク・キャンベル氏も留まるが、取締役会は新たに指名することになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ