ニュース
» 2017年02月15日 06時43分 UPDATE

AWS、Cisco WebExのようなUCサービス「Amazon Chime」提供開始

Amazon傘下のAWSが、WebExやSkype for Businessのような企業向け統合コラボレーションサービス「Amazon Chime」の提供を開始した。Windows、Mac、iOS、Android版アプリがあり、1人当たり月額15ドルで、ビデオ会議、通話、チャットが可能だ。無料でも1対1の通話とチャットはできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は2月14日(現地時間)、企業向けの統合コミュニケーション(UC)サービス「Amazon Chime」を発表した。Windows、Mac、iOS、Android版アプリがダウンロードでき、30日間は無料で試せる。日本からもダウンロード可能だ。

 chime 1 Chimeのメイン画面

 UCサービスとは、米Microsoftの「Skype for Business」や米Cisco Systemsの「WebEx」、米Googleの「G Suite」の「ハングアウト」のような、ビデオ会議、インスタントメッセージング、電話などの複数のコミュニケーションツールを統合したサービスだ。

 chime 2 Chimeのビデオ会議の画面

 Amazon Chimeは「これまでになく効率的なオンライン会議を簡単に設定できる」「高品質な音声・映像を提供する」サービスという。OutlookやGoogleのカレンダーでChimeの会議を設定できたり、会議の参加者状況を視覚的に確認しやすいなど、後発ならではの工夫がみられる。

 chime 3 OutlookカレンダーでChimeの会議を設定

 料金体系は3つ。詳しい内容はプラン説明のページで確認できる。

  • Basic Edition:無料で、他のユーザーが開設した会議への参加、1対1のビデオ通話、チャットサービスのみ利用可能
  • Plus Edition:1人当たり月額2.5ドルで、メールドメインの管理、1人当たり1GBのメッセージ保存ストレージ、Active Directorへの接続が可能
  • Pro Edition:1人当たり月額15ドルで、100人まで参加できるビデオ会議の開設が可能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -