ニュース
» 2017年02月17日 10時00分 UPDATE

大和証券、5000台のタブレットに顔認証システムを導入

営業用タブレット5000台に、NECの顔認証エンジン「NeoFace」を搭載した顔認証システムを導入。端末の内蔵カメラに顔を向けるだけでログインでき、作業時間の大幅短縮といった利便性とセキュリティの向上を両立した。

[ITmedia]

 NECは2月16日、大和証券で顔認証システムを構築したと発表した。リテール部門の営業員用タブレット端末約5000台を対象に導入で、2月上旬から順次利用を開始しているという。

 大和証券では、顧客への資産状況の説明や金融商品の紹介などを行うためにタブレット端末を利用している。今回導入されたシステムは、NECの顔認証エンジン「NeoFace」を活用して、顔認証によるOSや業務アプリケーションへのログインを可能にしたもの。

 顔認証の採用により、営業員はタブレット端末の内蔵カメラに顔を向けるだけで瞬時に認証でき、従来のID・パスワードによる認証方法と比べて作業開始までの時間を大幅に短縮できるなど、外出先でも高い利便性を実現するという。

 また、IDカードやID・パスワードによる認証方法と違い、盗難・紛失などのリスクが少ないため、なりすましなどの不正利用を防止し、情報漏えいのリスクを低減するとしている。

 さらに、顔認証に使用する顔画像はサーバで一元管理することで、さまざまな端末・機器での顔認証の利用が可能だという。

 大和証券では、今後もノートPCに顔認証を導入するなど、利用領域を拡大していき、将来的には全ての業務端末に顔認証を導入することを視野に入れているとのこと。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -