ニュース
» 2017年02月22日 06時44分 UPDATE

15億人分の情報流出で:Verizonと米Yahoo!、買収総額の3億5000万ドル減額で合意

Verizonは、米Yahoo!との買収契約後にYahoo!が明らかにした過去の15億人分の個人情報流出を考慮し、買収総額を3億5000万ドル(約400億円)減額の44億8000万ドルに修正した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米通信大手のVerizon Communicationsと米Yahoo!は2月21日(現地時間)、昨年7月に発表したVerizonによるYahoo!の主要事業買収の総額を3億5000万ドル(約400億円)減額し、44億8000万ドルにすることで合意したと発表した。取引は4〜6月期に完了する見込み。

 verizon

 この減額は、契約締結後にYahoo!が明らかにした大規模なユーザー情報流出を反映したもの。同社は2016年9月12月に、合わせて約15億人分の個人情報が過去に流出していたと発表した。

 新たな合意の下、Verizonはこの個人情報流出に関連する対応コストの一部を負担する。

 Verizonは、検索、広告、ニュース、ファイナンス、スポーツ、メールサービスなどを買収し、Yahoo!のブランドを残して傘下のネット事業AOLと統合する計画。この買収でVerizonは6億人以上のモバイルユーザーを含む10億人以上のユーザーと、世界的なブランドを獲得し、広告事業強化に生かす。

 Yahoo!は社名を「Altaba」に変更し、ヤフー日本法人と中国Alibabaの株式を保有する投資企業になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -