ニュース
» 2017年05月16日 16時00分 UPDATE

富士通、法人向けカスタムメイドプラスサービスに天板印刷を追加

富士通が、直販ノートPCの天板に任意の画像やデータを印刷するサービスを提供する。

[田中宏昌,ITmedia]

全面印刷にも部分印刷にも対応

 5月15日、富士通は法人向けの工場カスタマイズサービス「カスタムメイドプラスサービス」に、任意の画像やロゴなどを印刷するサービスを追加した。

 これは、同社の直販サイト「FMWORLD(法人)」で注文する際に選べるオプションサービスで、ノートPCの天板にユーザーがアップロードした画像や文字といったデータを印刷できる。印刷方式はインクジェットで、画像やロゴ、文字などを天板全体または部分的に印刷でき、拡大や縮小、回転といった指定も可能だ。同社では、会社名の宣伝や盗難防止に役立つとアピールしている。

 印刷できるのは全面/部分を問わず1カ所で、アップロードできるデータは1ファイル10Gバイト未満。また、対象となるPCは、法人向けWeb限定モデルとなる15.6型の液晶ディスプレイを搭載したA4ノートPC「LIFEBOOK Aシリーズ」だ。なお、同様のサービスは個人向けでも提供される。

photo 印刷サービスのサンプル。A4サイズのノートPC天板に全面/部分印刷が可能だ。天板中央にある同社のシンボルマーク(インフィニティマーク)は取り除かれるが、ロゴの部分はややくぼんだ形状のままとなる

関連キーワード

印刷 | PC | 富士通 | ノートPC | 法人ビジネス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -