ニュース
» 2017年05月24日 10時25分 UPDATE

ビッグデータ利活用と問題解決のいま(45):データ主導のスマートシティが、衰えた工業地帯を復活させる? (1/3)

米国運輸省が実施した「スマートシティ・チャレンジ」で、全米78都市の中から選ばれたのが、さびついた工業地帯“ラストベルト”で知られるオハイオ州のコロンバス市だ。地域変革を目指すスマートシティをデータ活用の観点から見てみると……?

[笹原英司,ITmedia]

米国スマートシティ・コンテストを制した「ラストベルト」のコロンバス

 2016年6月23日、米国オバマ政権下のホワイトハウスは、運輸省(DOT)などが主催する「スマートシティ・チャレンジ」の優勝者にオハイオ州コロンバス市が選ばれたことを発表した。優勝者には米運輸省から4000万ドル、企業スポンサーから2000万ドルの予算が割り当てられることになっている。

 運輸省は、2015年12月、ホワイトハウスの「スマートシティ・イニシアチブ」の一環として、全米の都市を対象にスマートシティ・チャレンジを開催することを発表した。その後、応募した78都市の中から、ファイナリストとして、オースティン(テキサス州)、コロンバス(オハイオ州)、デンバー(コロラド州)、カンザスシティ(カンザス州)、ポートランド(ワシントン州)、サンフランシスコ(カリフォルニア州)の7都市が選ばれた。

 コロンバス市は、先の米国大統領選挙で台風の目となった「ラストベルト(さびついた工業地帯)」を構成するオハイオ州の中央部に位置する、人口約85万人規模の都市だ。主力産業は自動車製造業であり、近郊のメアリーズビルには、本田技研工業米国法人の生産拠点がある。

photo コロンバス市の観光局Webサイト
photo コロンバス市が「スマートシティ・チャレンジ」の提案書で提案したビジョン(出典:US Department of Transportation 「Smart City Challenge: Columbus Vision Statement」)

 コロンバス市はスマートシティ・チャレンジの提案書において、「美しい都市」「健康な都市」「繁栄する都市」という3本柱で、以下のようなビジョンを掲げた。その他にも、他のスマートシティと共通する項目も多数掲げている。

  • 美しい都市:都市のモビリティ需要に応えて、環境に及ぼす影響を低減する、クリーンな交通手段を提供する
  • 健康な都市:自動車を使わない旅行のための安全で魅惑的な機会と、人々を健康な食や医療などのサービスに結び付ける、完成されたデジタルネットワークによるスマートな技術を提供する
  • 繁栄する都市:労働者を仕事に、雇用主を労働者に結び付け、商品を市場にもたらし、世界クラスの施設を支援し、家庭の予算の範囲で信頼できる旅行の選択肢を提供する

 コロンバス市のスマートシティ(Smart Columbus)の各プロジェクトは、トランプ政権下の2017年から本格的に立ち上がり、2020年までの導入を目標として進められるという

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -