ニュース
» 2017年09月05日 09時19分 公開

ロシア大統領「AIを制すものが世界を制す」、イーロン・マスク氏が懸念表明

ロシアのプーチン大統領が新学期の学生に向けた講演で、「人工知能(AI)分野で主導権を握る者が世界の支配者になる」と語った。これを受け米起業家のイーロン・マスク氏は「AI覇権争いが第三次世界大戦につながる」とツイートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は9月1日(現地時間)、ロシアの教育機関での新学期スタートに寄せた講演で「人工知能(AI)分野で主導権を握る者が世界の支配者になる」と語った。ロシアの実質的な国営メディアRT.com(旧Russia Times)が同日、報じた。

 putin 「Russia Focused on the Future」と題した講演を行うウラジーミル・プーチン大統領(写真:ロシア政府)

 「AIはロシアにとってだけでなく、人類全体にとっての未来だ。AIは並外れた機会をもたらすが、同時に予測困難でもある。この分野で主導権を握る者が世界の支配者になる」(プーチン氏)

 同氏は「ロシアがこの分野で主導権を握ったら、現在原子力技術でそうしているのと同様に、ノウハウを世界中と共有するつもりだ」とも語った。

 これを受けて起業家のイーロン・マスク氏は自身の公式Twitterで「始まった……。私に言わせれば、中国やロシアなど、コンピュータ科学に強いすべての国々がAI覇権を争い、それが第三次世界大戦に繋がるだろう」とツイートした。

 自らもAI関連企業を経営するマスク氏は、AIの危険性について折に触れて言及している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ