ニュース
» 2017年09月22日 06時48分 公開

Bose、「Googleアシスタント」搭載無線ヘッドフォン「QC35 II」を349.95ドルで発売

Boseが、Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」呼び出し専用ボタン付き無線ヘッドフォン「QC35 II」を発売した。日本でも販売している「QC35」の後継モデルで、Siriの呼び出しもできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Boseは9月21日(現地時間)、アラウンドイヤー型の無線ノイズキャンセリングヘッドフォン「QuietComfort 35」シリーズの最新モデル「QuietComfort 35(QC35) II」を米国他5カ国で発売した。米国での販売価格は昨年6月発売の「QC35」と同じ349.95ドル(約4万円)。

 qc 1 QC 35 II

 ヘッドフォンとしては初めて米Googleの音声AIアシスタント「Googleアシスタント」を搭載する。BluetoothあるいはNFCで接続したAndroid端末あるいはiOS端末にインストールしたGoogleアシスタントを、ヘッドフォンの左のイヤーカップの「アクションボタン」を押すことで呼び出し、マイクを通して音声で命令できる。

 qc 2 ボタンを押してGoogleアシスタントに音声で命令する

 スマートフォンの画面を見なくても、音楽再生や着信メッセージの音声読み上げ、通話などが可能だ。

 先代のQC35と同様に米AppleのSiriにも対応する。従来通り、右のイヤーカップにある「マルチファンクションボタン」でSiriを起動できる。

 Googleアシスタントをサポートした他はQC35と同じ。高性能なノイズキャンセル品質、20時間のバッテリー持続時間、「Alcantara」素材のヘッドバンドと合成プロテインレザーのイヤークッションによる快適な装着感がウリだ。

 発表段階ではまだ日本では発売されていないが、QC35は日本でも販売されており、こちらの価格は税込み3万9960円だ。

 Googleが4月に「Google Assistant SDK」を公開したことで、Googleアシスタント搭載の家電やスピーカーが登場し始めている。米Amazon.comも自社のAIアシスタント「Alexa」のSDKを提供しており、こちらもサードパーティー製の家電やスピーカー、スマートテレビに搭載されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ