連載
» 2017年10月12日 08時00分 公開

真説・人工知能に関する12の誤解(8):人はなぜ「人工知能に自我が芽生える」と思ってしまうのか (4/4)

[松本健太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 これはもっともな指摘かもしれませんが、そもそも人間同士ですら、相手が内容を理解していることを証明できないのに、対人工知能の思考実験とはいえ、細かく条件を設定した上で「ほら、意味が分かってない!」と決めつけるのは、大人げない感じもします。

 そして、繰り返しになりますが、コミュニケーションを成立させるのは受け手です。内容を理解しているかにかかわらず、受け手が知覚して、コミュニケーションが成立していると感じれば成功なのです。機械に人間レベルの知性があるかのように(自我があるかのように)錯覚する問題の難しいところは「コミュニケーションの成立が1人で証明できない以上、自我が証明できるのか」という点ではないでしょうか。

機械に「自我」があることは証明できるのか?

 あらためて、自我というのは自己意識、つまり、自分が認識する自分のことです。まさに、「我思う故に我あり」というところでしょう。

 それでは、隣の席にいる同僚の「自我」は証明できるでしょうか。普段会話している同僚は自分と同じ人間だから、同じく自我があると勘違いしているだけかもしれません。もう一度、隣を振り返ってみてください。おや、同僚の顔の皮膚がはだけて、そこから機械のようなシルバーグレイの鋼鉄が見えていませんか……?

 私の祖母は認知症にかかり、晩年は私のことも含めて、ほとんどのことを忘れてしまいました。それでも毎日、食事をし、決まった時間に寝ています。生きているのです。私の知っていた祖母ではありませんが、祖母は存在しているわけです。

photo 人間や機械に「自我」があるという証明は、哲学的な議論を含む、難しいものであるはずです(写真はイメージです)

 こうした経験から、私は「自我」への見方が変わりました。自分に自我があるからといって、相手にも自我あるかどうかは、証明できないというのが私が下した結論です。ならば、目の前に対峙する人工知能もまた、自我があるかどうかは証明できないのではないでしょうか。

 私は「人工知能に自我なんて芽生えようがない!」と思っていますが、その証明は人間同様に難しく、哲学的な面もあります。少なくとも、現存する技術の延長では“不可能”と言っても過言ではないでしょう。

 人工知能の研究は、人間の研究でもあります。多くの技術者が否定をしても、人工知能に自我が芽生える可能性を感じてしまうのは、われわれ自身が人間のことをまだ理解しきれていない、という証明なのかもしれません。

著者プロフィール:松本健太郎

photo

株式会社ロックオン開発部エンジニア 兼任 マーケティングメトリックス研究所所長。

セイバーメトリクスなどのスポーツ分析は評判が高く、NHKに出演した経験もある。他にも政治、経済、文化などさまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とする。

本業はデジタルマーケティングと人工知能を交差させて、マーケティングロボットを現場で運用すること。

著者連絡先はこちら→kentaro_matsumoto@lockon.co.jp

編集部より:著者単行本発売のお知らせ

photo

本連載を執筆している、松本健太郎氏の書籍「グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのように生まれたのか」が、2017年9月23日に発売しました。

「このグラフ、どう見ればいいの?」

「このグラフ、何かが間違ってる気がする……」

棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、レーダーチャート、ヒートマップ、散布図などの主要なグラフの見せ方を歴史から丁寧に解説。学校では教えてくれなかった、正しいグラフの選択、分かりやすいグラフ表現の基礎を学べます。本書の詳細はこちらから。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -