ニュース
» 2017年12月01日 08時17分 公開

Amazon、職場用「Alexa for Business」、米国で提供開始

Amazon.com傘下のAWSが、「Alexa for Business」を発表した。Alexa搭載の「Amazon Echo」シリーズを職場の共有デバイスあるいはパーソナルデバイスとして設置し、会議室の予約やビデオ会議の開始、コピー用紙の補充などを音声で命令できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAWSは11月30日(現地時間)、年次イベント「AWS re:Invent 2017」で、AIアシスタント「Alexa」のエンタープライズ版「Alexa for Business」を発表した。同日から米国で提供を開始した。一般ユーザー向けと異なり、利用するにはAWSのアカウントが必要だ。

  alexa 1 Alexa for Business

 「Amazon Echo」や「Echo Dot」など、ほとんどのAlexa搭載端末をサポートする。設定によって会議室などに置いて従業員全員が使える共有デバイスと、個人がデスクに置いて使うパーソナルデバイスに区別して使える。

 alexa 2 会議室で使う

 共有デバイスは、例えばビデオ会議の予定を尋ねたり、電話会議を設定したり、会議中に連携させたディスプレイに必要なスライドを表示させたりといった使い方ができる。Alexa for Businessは米Googleの「G Suite」や米Microsoftの「Microsoft Exchange」のカレンダー、米Cisco Systemsの「WebEx」やMicrosoftの「Skype for Business」などの会議システムと接続するのでこうしたことが可能だ。

 また、Echo Dotを会議室の入り口やコピー機のそばに設置しておき、会議室の予約やコピー用紙の補充を命令することなどもできる。

 alexa 3 コピー用紙の補充を命令

 共有デバイスは管理者が一元管理し、個人的な予定確認や通話、(もちろん)ショッピングには使えないようになっている。

 パーソナルデバイスでは、個人のスケジュール確認やリマインダーに使える。画面がついてる「Echo Show」同士であればテレビ電話としても使える。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -