ニュース
» 2017年12月22日 09時45分 公開

ビットコイン便乗の不正ウォレットアプリ、Google Playストアから削除

不正アプリは正規のビットコインウォレットに見せかけてユーザーをだまし、攻撃者のビットコインアドレスに代金を送金させる仕掛けになっていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 ビットコインの価格が急騰を続ける中で、ビットコインのウォレットアプリに見せかけた不正なアプリが米Googleの公式アプリストアで提供されているのが見つかり、Googleが削除する措置を取った。モバイルセキュリティ企業のLookoutが12月20日のブログで明らかにした。

 それによると、Google Playストアで見つかった不正なビットコインウォレットアプリは「Bitcoin mining」「Blockchain Bitcoin Wallet - Fingerprint」「Fast Bitcoin Wallet」の3種類。削除されるまでに、ダウンロード数は合計で約2万回に達していたという。

 この3種類のアプリは、正規のビットコインウォレットに見せかけてユーザーをだまし、攻撃者のビットコインアドレスに代金を送金させる仕掛けになっていた。Lookoutはこの手口に使われているマルウェアを「PickBitPocket」と命名している。

photophotophoto Google Playストアで見つかった不正なビットコインウォレットアプリは「Bitcoin mining」「Blockchain Bitcoin Wallet - Fingerprint」「Fast Bitcoin Wallet」の3種類(出典:Lookout)

 例えば、ビットコインでの決済が可能な商品やサービスを販売している個人が、PickBitPocketを使って買い手に決済用のビットコインアドレスを通知すると、売り手のアドレスではなく攻撃者のアドレスが買い手に通知され、攻撃者に代金をだまし取られる恐れがあった。

 今回見つかった3種類の不正アプリの中でも、「Blockchain Bitcoin Wallet」はレビューで「4.0」の総合評価が表示され、ダウンロード数は1万回に上っていた。Googleは連絡を受けて、即座にこの3アプリを削除したという。

 ビットコインへの関心が高まる中で、こうしたアプリは、攻撃者も便乗の機会をうかがっていることを物語る。Lookoutでは、ビットコインウォレットは慎重に選ぶよう呼び掛けている。

関連キーワード

ビットコイン | Google Play | 不正アプリ


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -