ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Play」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Play」に関する情報が集まったページです。

SIMフリー「HUAWEI P30/P30 lite」もサポート影響なし、公式ストアでは予定通り5月24日発売へ
ファーウェイ・ジャパンがGoogleのアナウンスに関する声明を発表。販売中のモデルに加え、日本で発表したP30シリーズも問題なく使えることが分かった。ただしキャリアが扱うモデルについては未定。(2019/5/23)

アドビ、動画編集アプリ「Premiere Rush」のAndroid版を提供開始
アドビが動画編集アプリ「Premiere Rush」のAndroid版を提供開始。日本向けのモーショングラフィックステンプレートも用意し、幅広く使える「縦書き」や「集中線」などを複数追加している。(2019/5/22)

米商務省がHuaweiに事実上の「禁輸措置」 スマホやタブレットへの影響は?
米商務省が、中国Huawei(ファーウェイ)とその関連会社への部品やサービスなどの輸出を事実上禁止する措置を講じると発表。同社のAndroidスマートフォンやAndroidタブレットはどうなってしまうのか、現時点で分かっていることをもとにまとめる。(2019/5/22)

米国の規制に「粘り強く対応する」 ファーウェイ日本法人のデバイス責任者が強調 Googleの“取引停止”報道受け
「米国による制限に対し、粘り強く対応していく」――GoogleがHuaweiとの取引を一時停止したとの報道を受け、ファーウェイ・ジャパンのデバイス責任者・呉波氏がコメント。(2019/5/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
追い詰められるファーウェイ Googleの対中措置から見える背景
中国の通信機器大手、ファーウェイに対して、米国が「最後通告」ともとれる措置を実施。企業も対応を検討しており、ファーウェイ機器でGoogleのアプリやサービスなどが利用できなくなる可能性がある。騒動の背景と、今後のファーウェイの動きとは……(2019/5/21)

GoogleがHuaweiと取引停止報道 Android公式「既存のHuawei端末で今後もサービス利用可能」
(2019/5/20)

“折れ曲がるスマートフォン”に暗雲 窮地に追いやられるファーウェイとサムスン、どうなるフォルダブル
登場が期待されていた2大“折れ曲がるスマートフォン”の市販化が、危うい状況になっている。(2019/5/20)

Google、Huawei端末へのサービス提供を一部停止 既存端末には影響なし
米Googleが、中国Huaweiとの取り引きを一時停止。Huaweiが今後発売する新規端末で、Androidの更新ができなくなるほか、Gmailなどが利用できなくなる。ロイター通信によると、既存のHuawei端末のユーザーは引き続き、Googleが提供するサービスの利用が可能という。(2019/5/20)

GoogleがHuaweiのAndroid端末向けサービス停止を検討か──Reuters報道
米商務省が15日にHuaweiを“ブラックリスト”に載せたことを受け、GoogleがHuaweiに対するAndroidおよびGoogleサービスの技術サポートの提供や協力の中止を検討しているとReutersが報じた。(2019/5/20)

管理者の視点で見るなら
「Android」と「iOS」をあらためて比較 結局、どちらが“正解”なのか?
企業が業務用に「Android」と「iOS」のいずれかを選ぶ際は、Androidのカスタマイズ性と豊富な選択肢を重視するか、iOSの一貫性を重視するかが鍵になる。(2019/5/20)

キングジムが“スマートボールペン”発売 スマホの通知を画面とバイブレーションでお知らせ
なぜ、ペン。(2019/5/16)

エイサー、法人向けChrome OS搭載ミニPC「Acer Chromebox」にCore i5モデルを追加
日本エイサーは、手のひら大サイズの小型筐体を採用したChrome OS搭載ミニPCのラインアップに第8世代Core i5モデルを追加した。(2019/5/15)

LINEのUI変更でレビュー大荒れ 機能多すぎ? 「元に戻して」の声も
「LINEのUIがまた変わった」「使いづらい、元に戻してほしい」――LINEのユーザーインタフェースが7日に変更され、一部の機能が移動したり、操作法が変わったことが、波紋を広げている。機能の詰め込みと利便性を両立させることはできるだろうか。(2019/5/10)

ゆうちょPayアプリで「佐々木」姓が認識されず、アカウント登録できないと話題に 現在は修正済み
ゆうちょ銀行のモバイル決済サービス「ゆうちょPay」で、「『佐々木』姓がアカウント登録できない」と話題になった。現在は修正済み。(2019/5/9)

Google Playストアでのアプリ評価、現バージョンへの評価重視に変更
GoogleのAndroidアプリストア「Google Play」のアプリレビューが8月ごろに変わる。これまではすべてのレビューのレーティングの平均だったが、最近のバージョンへの評価を重視するよう変更する。アプリが改善された場合に評価に反映されやすくなる。(2019/5/9)

Googleの音楽サブスク会員は1500万人(Spotifyは1億、Apple Musicは5000万)──Bloomberg報道
Googleの定額制音楽サービス「YouTube Music Premium」と「Google Play Music」の会員数は1500万人だとBloombergが報じた。Spotifyは1億人、Apple Musicは5000万人だ。(2019/5/9)

「Android Q」のβ3が登場 Pixelなど15機種で利用可能に
「Google I/O 2019」に合わせて、Androidの次世代バージョンのβ版が第3版となった。Googleの「Pixel」を含む15機種で利用できる。(2019/5/8)

「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」発表 3と同等のカメラ性能でFeliCaあり 4万円台から
GoogleがスマートフォンPixelの新モデル「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発表。5月17日に発売する。価格(税込)はPixel 3aが4万8600円、Pixel 3a XLが6万円。ハイエンドモデル「Pixel 3」「Pixel 3 XL」と同等のカメラを搭載している。(2019/5/8)

半径300メートルのIT:
「令和最初の仕事で、メールを開いた瞬間マルウェアに感染」を防ぐ、3つの呪文
10連休が終わり、新元号「令和」の時代がスタートしました。新しい時代に仕事を始める前に、そんな機会を狙う詐欺への対処法をお伝えしたいと思います。(2019/5/7)

スマートコンストラクション:
作業効率が25%アップする“スマートグラス”で杭打ち、トプコン
トプコンは、自動追尾トータルステーションに通信機能を組み合わせた「杭ナビ(LN-100)」に、スマートグラスをオプションで加えた「杭ナビVision」を発売した。(2019/5/7)

モバイルdeワークスタイル変革:
プリンタやスキャナは不要!? スマホでミニマルにペーパーレス化
最近よく聞く「ペーパーレス」という言葉。日本社会ではその実現が難しい……かもしれないが、個人レベルなら十分にペーパーレスですごせるようになった。この記事では、その上で役立つサービスを3つ紹介する。(2019/5/3)

Googleの親会社Alphabet、EU制裁金で29%減益 広告売り上げは鈍化
Alphabetの1〜3月期の決算は、売上高は広告の伸びが鈍化し、予測を下回る363億3900万ドル、純利益はEUからの制裁金約17億ドルが響き、29%減だった。(2019/4/30)

アドウェア入りアプリ50本、インストール回数は計3000万回――不正アプリをダウンロードしないためには
Avast Softwareは、「Google Play Store」でアドウェアが仕込まれたアプリ50本を発見したという。問題のアプリでは全画面広告を執拗(しつよう)に表示したり、別のアプリをインストールするよう仕向けたりしていた。(2019/4/24)

Android搭載、タッチディスプレイ付きの室内ドアが6月に発売 25万円前後
神谷コーポレーション湘南が、タッチディスプレイを搭載した室内ドア「FULL HEIGHT MILAOS(フルハイトミラオス)」を2019年6月頃に発売する。同社の商品を取り扱う工務店などで販売される予定で、定価は25万円前後を見込む。なぜ、ドアにディスプレイを搭載したのか?(2019/4/22)

仏政府、公務員専用チャットアプリ「Tchap」のβ版、公開直後にバグ指摘→修正
フランス政府が国家公務員専用のエンドツーエンドで暗号化するチャットアプリ「Tchap」のβ版を公開した。公務員にしか使えないはずのこのアプリに簡単にログインできたとセキュリティ研究者が指摘し、修正された。(2019/4/22)

ITはみ出しコラム:
AmazonとGoogleの動画サービス締め出し合戦が終結 そして新たな競争が始まる?
ユーザー不在の動画サービス締め出し合戦を続けてきたAmazonとGoogleが、ついに終戦宣言ともいえるプレスリリースを出しました。新たなライバル台頭の予兆もあり、ケンカどころじゃなくなったのかもしれません。(2019/4/21)

「Google Playストア」の予算設定・管理機能で使いすぎ防止
Androidの「Google Playストア」アプリで予算を設定できるようになる。設定すると、ストアで何か買うごとに予算残高あるいは予算超過を通知する。設定はいつでも変更できる。(2019/4/18)

「ギガ」が足りない スマホやアプリの設定を見直そう(アプリストア編)
期せず「ブロードバンド難民」になってしまった筆者。通信容量を節約すべく、スマートフォンやアプリの設定を見直すことにしました。今回はアプリストアの設定を見直します。(2019/4/11)

Google Cloud Next '19:
企業向けで生き延びた「Google+」、「Currents」に改名で完全消滅
「Google+」の一般向けが4月2日に終了した後もG Suiteのアプリとして生き延びていた「Google+」が「Currents」に名称変更される。(2019/4/11)

EMMとのAPI連携で効率化が進む
「Android Enterprise」があればアップデートや業務アプリ配信がもっと簡単に?
「Android Enterprise」のAPIを使うと、エンタープライズモビリティー管理(EMM)ツールを使ったきめ細かなAndroidデバイス管理が可能になる。何ができるのかを簡潔にまとめた。(2019/4/11)

2018年、日本で最もインストールされたアプリは? 米Sensor Tower調査
総合1位はTikTok。荒野行動とPUBG Mobileの戦いは荒野行動の勝利。(2019/4/10)

au PAYを他キャリアの回線で使う方法
4月9日にサービスが開始した「au PAY」は、現時点ではauユーザーしか使えない。ただし、auと他キャリアを契約している人が、他キャリアの回線でau PAYを使うことはできる。利用できるのはiOSアプリのみ。(2019/4/9)

とある“暴言レビュー”に対するアプリ開発者の回答が話題に 「ぐうの音も出ないほどのド正論」と称賛集まる
やめよう、罵倒レビュー。(2019/4/5)

【Amazonキャンペーン】プライム会員限定、Music Unlimited 30日間お試し体験で500ptプレゼント(4/10まで)
迷っている人向けに、「Spotify」や「Apple Music」との違いもざっくりと。(2019/3/31)

初期費用0円・2年契約なし、アプリで契約完了 “旅するように”引っ越せる賃貸「OYO LIFE」スタート
初期費用が不要で家具・家電付き物件に住める賃貸住宅サービス「OYO LIFE」がスタート。通常2年の契約期間も廃し、“旅するように”部屋を住み替えられる点が特徴。その仕組みとは――。(2019/3/28)

「Tinder」は4位:
「婚活・恋活アプリ」の市場シェア、1位は……
若者を中心に広がりつつある恋愛マッチングアプリだが、現時点での国内のアプリ内課金額はどの程度で、最もシェアが高いサービスはどれなのか。韓国IGAWorksが調査結果を発表。エウレカが運営する「Pairs」は売上高44.1億円、シェア26.2%で2位だった。1位は……?(2019/3/25)

Googleさん:
無敵コマンド装備したGoogleのクラウドゲーム「Stadia」を率いる人々
Googleが年内スタートするゲームサービス「Stadia」を率いるのは、元Xboxの偉い人と「アサシンクリード」を手掛けた元EAの偉い人。コナミコマンドが刻印されたコントローラをひっさげて、どう勝負するのでしょう。(2019/3/24)

Google、欧州のAndroidユーザーにWebブラウザと検索エンジン選択の自由を明示へ
Googleが、欧州でのAndroidアプリ市場の健全性強化のために、ユーザーに使いたいWebブラウザと検索エンジンの選択を促すと発表した。同社は欧州委員会からAndroidアプリでの独禁法違反で43億4000ユーロの制裁金を科されている。(2019/3/21)

「d払い」アプリにログインできない? 他キャリア+ドコモ回線のユーザーは要注意
ある日、d払いアプリを起動したら、突如ログアウトしてしまい、再度ログインしようとしても、エラー画面が出てしまい、いっこうにログインできない。アプリを終了したり、Wi-Fi接続をオフにしてspモードで接続してもダメ。なぜこのような事態になったのか?(2019/3/20)

「楽天ペイ」アプリで個人間送金が可能に、最大20%還元キャンペーンも
楽天が、「楽天ペイ(アプリ決済)」アプリを大幅更新。同社が手がけるオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を使った個人間送金機能を実装した他、Android版アプリでは「楽天Edy」アプリへのショートカットも追加した。(2019/3/18)

Google Playで提供のアプリ210本にマルウェア、ダウンロード合計1億5000万回
感染アプリがインストールされると、バックグラウンド広告を表示したり、Webブラウザを開いて指定されたURLを表示したりする。(2019/3/14)

Google、視覚障害者向けAI採用アプリ「Lookout」公開
Googleが、目の不自由な人に周囲の様子を音声で説明するAndroidアプリ「Lookout」を米国のGoogle Play Storeで公開した。「Google Lens」と同じ画像認識技術を採用している。まずはPixel端末向けの英語版のみだが、今後対応端末と提供地域を拡大していく計画だ。(2019/3/14)

ハリポタARゲーム「魔法同盟」、ゲーム画面を初公開
2019年公開予定の新作モバイルARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」のゲーム画面が公開された。(2019/3/12)

Google、インドの子どもたち向けAI採用英語学習アプリ「Bolo」リリース
Googleが、インドの小学生向けにヒンディー語と英語を音読しながら学習するAndroidアプリ「Bolo」を公開した。音声認識とテキスト読み上げ技術を採用し、AIアシスタントのディアが勉強を手伝う。(2019/3/11)

「広告見たユーザーに特典を提供」 Googleがアプリ開発者の収益化支援する「特典アイテム」導入
ユーザーが「広告を見る」を選択して動画を見ると、100コインを受け取れるというような機能。(2019/3/11)

生体認証普及の道筋が整う
10億台のAndroid端末が「パスワードのない世界」へ FIDO2取得でログインはどうなる?
FIDO Allianceは、Android 7以降の全デバイスがFIDO2認定を取得したと発表した。これにより、パスワードの代わりに生体認証を使ってWebサイトやアプリへのログインを実現できるようになる。(2019/3/10)

ディズニー傘下の動画やコンテンツが見放題、使い放題――「Disney DELUXE」始動 月額700円で3月26日スタート
ディズニー傘下の「ディズニー(Disney)」「ピクサー(Pixar)」「マーベル(Marvel)」「スターウォーズ(STAR WARS)」ブランドの動画やコンテンツが見放題、使い放題となる定額サービスが3月26日にスタート。認証や決済、販売促進面でNTTドコモがサポートする。【更新】(2019/3/7)

今日のリサーチ:
アプリパブリッシャー世界ランキング、日本発のアプリの現状は?――App Annie調べ
App Annieは2018年のアプリパブリッシャートップ52と日本国内での非ゲーム収益、ダウンロード数、月間アクティブユーザー数(MAU)によるアプリランキング、そしてカテゴリー別のアプリランキングを発表しました。(2019/3/6)

iCloudはダメ?
モバイル端末のバックアップは悩ましい 管理手法別に紹介
モバイルデバイス管理(MDM)の対象としているモバイル端末のバックアップを許可していいかどうかは、状況ごとに異なる。COBO、COPE、BYODのシナリオ別にIT担当者が検討すべき事項を解説する。(2019/3/3)

BIGLOBEモバイル、動画・音楽を視聴し放題「エンタメフリー・オプション」に3サービス追加
BIGLOBEモバイルの有料オプション「エンタメフリー・オプション」が、新たに3サービスを対象に追加。月額料金は480円で据え置きとなる。(2019/3/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。