ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビットコイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビットコイン」に関する情報が集まったページです。

個人の価値を売買できるVALU、疑似株式の取引を終了 規制に対応できず「抜本的な事業転換が必要」
4月以降の一新を予告しています。(2020/1/15)

VALU、模擬株式「VA」の売買終了 規制を受け「力及ばず」「抜本的な事業転換が必要」
「VALU」で、模擬株式「VA」の売買が終了する。改正資金決済法への対応が難しく、VAの売買を含むサービス全般の終了を決めたという。(2020/1/15)

この頃、セキュリティ界隈で:
おとり捜査でビットコイン追跡、児童ポルノ闇サイトを暴いた国際捜査の手法
ダークネットに逃げ込んだ児童ポルノサイトをどう摘発したのか。(2020/1/9)

仮想通貨Liskを持っているだけで報酬がもらえる コインチェック、ステーキングの提供開始
コインチェックは1月9日、仮想通貨Liskのステーキングサービスを提供すると発表した。平均10Lisk以上保有しているアカウントに対し、保有量に応じて報酬を付与する。付与は毎週水曜日に行われる。報酬額は確定していないが、年率にして数パーセントの見込み。(2020/1/9)

ビットコイン価格が急騰90万円突破 米イラン対立激化の影響か
日本時間8日に入ってビットコイン価格が急騰している。一時91万円を突破し、13時現在は約90万円で取引されている。90万円突破は2019年11月以来3カ月ぶり。(2020/1/8)

気になるニュース&ネット記事:
2020年の「AI/機械学習」界わいはこうなる! 10大予測
MLOps/AutoMLなどの自動化に、自然言語処理(BERTなど)、倫理問題/信頼と、2019年の「AI/機械学習」界わいの変化は止まらなかった。2020年はどう進化していくのか? 英語での情報を参考に、10個の大胆予測を行う。(2019/12/26)

楽天スーパーポイント、仮想通貨へ交換可能に ビットコインやイーサリアムなど3種
楽天ウォレットが、「楽天スーパーポイント」を仮想通貨に交換するサービスを開始。交換可能な仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ。1ポイント1円相当で、100ポイント以上1ポイント単位で交換できる。(2019/12/24)

楽天スーパーポイントでビットコインなどが購入可能に
楽天子会社で仮想通貨交換業を営む楽天ウォレットは、12月24日から楽天スーパーポイントを使って仮想通貨を購入できるサービスを開始した。100ポイント以上から、1ポイント1円相当として交換できる。(2019/12/24)

たまった楽天ポイントを仮想通貨に交換できる 楽天ウォレットが新サービス開始
気軽に仮想通貨の運用ができる?(2019/12/24)

多額の投資を行う前に:
PR:「基本に忠実、が一番強い」 企業を標的とするランサムウェア対策の第一歩は「自社の分析」
カスペルスキーのマルウェアリサーチャー、石丸傑氏によると、2019年に目立ったのは一般企業などを狙う標的型ランサムウェアによる被害だった。重要なのは基本的な予防策を徹底することに尽きると強調した。(2019/12/25)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
「Uber」1強だがダウンロード数で「Lyft」が猛追――米国ライドシェアアプリ市場(2019年11月度)
UberとLyftの2社は、ともに株価低迷と黒字化に悩むといわれてきましたが今後、どんな市場戦略を仕掛けていくのでしょうか(2019年11月度)。(2019/12/24)

そもそもブロックチェーンとは何か?(後編):
ブロックチェーンは何に使えるのか ビジネスに広がる実活用
ブロックチェーンは仮想通貨の管理システムから生まれ、「正確な情報」が求められるビジネスの世界で活用されています。ネット時代における新しい信頼性の技術は今後、われわれの社会をどのように変えていくでしょうか。(2020/1/7)

視点:
非金銭価値の流通するトークンコミュニティー〜評価経済社会で輝く仮想通貨〜
金融から非金融への拡大するロックチェーン。製品の製造、流通、販売過程の追跡や、シェアリング事業における提供者、利用者の評価情報の記録など、その適用領域は多岐にわたる。(2019/12/18)

FinTechを読み解く:
「シリコンバレー・イズ・カミング」から始まったフィンテック マネーフォワード瀧氏に聞く
すっかり日本でも定着したフィンテック(FinTech)という言葉。これは、どのようにして始まり、どんな文脈の中で動いているのか。金融庁の「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」メンバーでもある、マネーフォワードの瀧俊雄取締役に、フィンテックの潮流を聞いた。(2019/12/17)

仮想通貨関連業のビットマスターが破産 負債総額約109億円
仮想通貨関連事業者のビットマスターが東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。債権者は約2万2300人で、負債総額は約109億4439万円。(2019/11/26)

仮想通貨関連業者「ビットマスター」破産 個人中心に負債総額109億円
「ビットコイン相場が上昇したので預かっていたものと同数のビットコインの調達が困難になった」。(2019/11/26)

【環球異見】デジタル通貨の行方
 紙幣や硬貨でないお金「デジタル通貨」の議論が活発だ。米ITの巨人フェイスブックは、米ドルなどの法定通貨に裏打ちされたデジタル通貨「リブラ」の構想を発表。リブラは国家主権の中核である通貨発行権を脅かしかねないと、主要国は強い懸念を示した。その間隙を突くように、中国は「デジタル人民元」発行の準備を加速させている。米中両国の対決構図も絡み、デジタル通貨の行方から目を離せない。(2019/11/25)

【環球異見】デジタル通貨の行方
紙幣や硬貨でないお金「デジタル通貨」の議論が活発だ。米中両国の対決構図も絡み、デジタル通貨の行方から目を離せない。(2019/11/25)

ビットコインはデジタル・ゴールドなのか? マネックス大槻氏に聞く
暗号資産(仮想通貨)の代表例であるビットコインは、しばしば「金」(ゴールド)と 比較される。金が埋蔵量に上限があるように、ビットコインはアルゴリズム的に採掘上限が定められている。さらに、価値を保証する発行体がないというのも、ビットコインと金の共通点だ。しかし、果たしてビットコインはデジタル版の「金」になり得るのか。マネックス証券のチーフアナリスト、大槻奈那氏に聞いた。(2019/11/21)

ものになるモノ、ならないモノ(84):
「真のP2Pを実現した完全な水平分散型社会」を目指すNeukindの未来は、Libraか? Winnyか?
2018年8月創業のブロックチェーン関連のスタートアップ「Neukind」は「ブロックチェーンの本質を追究し、そこにどのようなビジネスモデルを構築できるのかを模索している」という。その真意を探った。(2019/11/15)

そもそもブロックチェーンとは何か?(前編):
いまさら聞けない「ブロックチェーン」入門 仮想通貨だけじゃない
ブロックチェーンは一般的に「投機対象としての仮想通貨」の印象が強く、センセーショナルなニュースで目にする機会のほうが多いかもしれません。しかし、ネット時代における新しい信頼性の技術は、さまざまな活用の可能性を秘めています。(2019/12/27)

ビットコイン10%下落、Libra懸念や量子コンピュータの影響か 一方でハッシュレートは過去最高
ビットコイン価格が約10%下落し、5カ月前の水準である80万円に近づいた。背景には、Libra計画の遅れや、Googleの量子コンピュータについての論文発表があると見られる。一方で、ハッシュレートは過去最高を記録。マイナーはビットコイン価格に強気だ。(2019/10/24)

リブラ計画は「リスキー」 「稼働するか分からない」 ザッカーバーグ氏
 【ワシントン=塩原永久】米交流サイト大手フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は23日の米下院公聴会で、暗号資産(仮想通貨)の「リブラ」を発行する計画が「リスキーだ」と述べた。通貨としての仕組みが複雑なため「稼働するか私も分からない」と言及し、早期の事業化に慎重な考えを示した。(2019/10/24)

ディーカレットの「日本円」版リブラ計画 狙いを時田社長に聞く
価格変動が大きく決済に利用できないといわれる仮想通貨に対し、法定通貨を裏付けとして持つことで価格を安定させるステーブルコイン。Libraをはじめ、その可能性が注目されている。国内でも、円建てのステーブルコインを計画している、仮想通貨取引所のディーカレット。同社の時田一広社長に、その狙いを聞いた。(2019/10/23)

G20閉幕、Facebook「リブラ」潰し鮮明に
18日閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、議長国・日本は、米フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「リブラ」に主要国が厳しく対処すべきだとの論調をとりまとめた。成果文書では、国家が発行する通貨に代わる「通貨主権にかかわる問題」が生じかねない側面に踏み込み言及。リブラを早期発行させる同社の計画は風前のともしびだ。(2019/10/21)

期待の「イノベーション」は未来の「ITアスベスト」になるのでは?:
まるで核兵器が犯罪者の手に渡るような状態がサイバー空間で起きている――脅威の変化を踏まえ「検知、対応」へのマインドシフトを
F-Secureは、2019年10月2〜3日開催の「Cyber Security Nordic」に合わせて開催したプレスカンファレンスにおいて「防御」から「検知、対応」へのマインドシフトが必要だと強調した。(2019/10/18)

ユーザー名とパスワードを分散化
クラックするのは14万倍難しい、新パスワード暗号化方式
パスワードの流出事故は後を絶たない。だがTide Foundationが発表した暗号化メカニズムを使えば、流出したパスワードが悪用されるのを防げるかもしれない。少なくとも従来のハッシュよりは強力だ。(2019/10/18)

児童性虐待サイト摘発 ビットコイン取引追跡して犯人特定、12カ国でユーザー逮捕
米韓の捜査当局が連携して児童に対する性的虐待ビデオを販売していたサイトを摘発。管理者の韓国籍の男が起訴され、ユーザー337人が世界12カ国で逮捕された。捜索を受けて自殺したユーザーもいた。(2019/10/17)

村上世彰のN高特別授業【前編】:
村上世彰が「金融教育」に取り組む狙い
会社の研修の一環として「金融教育」を導入する企業が増えている。社員一人ひとりがお金の知識を付け、家計を安定させ、仕事に集中できる環境を作ることが経営課題にもなっている。そんな中、村上世彰氏は自ら金融教育にかかわり、N高投資部での講義に取り組んでいる。村上氏が高校生に金融教育をする背景、若い時からお金と向き合う意義に迫るとともに授業の内容もお届けする。(2019/10/22)

Libraを脅威と見る各国 それでも「ダメ」と言えない理由
結局のところ、投機資産として使われる従来の仮想通貨に対し、Libraは本当に使われるかもしれない仮想通貨だ。だからこそ、各国の金融当局はLibraへの警戒を強めるが、Libraが解決しようとしている「皆のための安価、簡便な支払い決済、送金手段の提供」は現代の金融の根本課題でもある。(2019/10/11)

ビットコインだまし取る 「かけ子」の男3人再逮捕 神奈川県警
仮想通貨売買ソフトの購入に絡む名義貸しのトラブル解決金名目で約1000万円相当のビットコインをだまし取ったとして、神奈川県警特殊詐欺対策室は2日、詐欺の疑いで、東京都練馬区の職業不詳、牧野祐貴容疑者(24)=別の詐欺容疑で逮捕、処分保留=ら男3人を再逮捕した。認否を明らかにしていない。(2019/10/3)

IEO、DApps……ブロックチェーン技術、あなたはどれだけ理解している?
技術の進化が早く、それを取り巻く制度も流動的なブロックチェーン。次々と新しい関連用語が登場していることが、理解を難しくしている。「マイニング」については約半数が認知・理解していたが、「ステーキング」や「STO」「NFT」などはほとんど知られていない。(2019/9/27)

ビットコイン暴落 3カ月ぶりに100万円割る
春から上昇してきたビットコインが、一夜にして10%超の下落。100万円を割った。他の仮想通貨も価格が下落している。(2019/9/25)

マネックス、株主優待として500円分のビットコイン付与
2019年9月末の優待として新設。株主に仮想通貨取引体験を促す。(2019/9/24)

マネックス、株主優待で500円相当のビットコイン配布 コインチェックの口座開設が条件
マネックスグループが、2019年度中間期の株主優待として、株主に500円相当のビットコインを付与すると発表。ビットコインを受け取れるのは、子会社コインチェックの仮想通貨取引所「Coincheck」に口座を開設した株主のみ。振り込む時期は20年4月上旬を予定する。(2019/9/24)

黒いアドレスを追え 流出仮想通貨の追跡はこう行われる
過去2年間で、世界中の取引所から1200億円近くの仮想通貨が盗まれている。盗まれた仮想通貨は、資金洗浄されて犯罪組織の資金源となる。これをいかに防ぐか。元Bitflyerのメンバーが立ち上げたBassetは、仮想通貨の送金の流れを明らかにし、犯罪者のアドレスを推論するツールの開発を進めている。(2019/9/19)

日本円で1000円以下から取引可能:
LINEアプリから使える仮想通貨取引所「BITMAX」登場 LINE子会社が国内向けに
(2019/9/18)

LINE、日本でも仮想通貨取引所 「BITMAX」開始
LINEと子会社のLVCが、仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供をAndroid版のLINEアプリで始めた。(2019/9/17)

IoT家電を使うだけで仮想通貨が稼げる そんな世の中は夢物語ではないかも
(2019/9/17)

2023年の支出額は約159億ドル:
2019年のブロックチェーン支出額、対前年比80%増の27億ドル IDC予測
IDC Japanが発表した世界のブロックチェーンソリューションに対する支出額の予測によると、2018〜2023年の年間平均成長率は60.2%で、2023年の支出額は約159億ドルの見込み。銀行業の支出額が最も大きい。(2019/9/9)

LINE子会社、仮想通貨交換業者に登録完了 日本展開へ
LINEは、グループ会社のLVCが仮想通貨交換業者として金融庁に登録されたと発表した。日本国内での仮想通貨取引サービスを展開していく考え。(2019/9/6)

みずほ「J-Coin Pay」試験システムに不正アクセス ビットコイン求める文言書き込まれ発覚
「J-Coin Pay」のテスト用システムが不正アクセスを受け、加盟店担当者の連絡先などの情報が漏えいした可能性。加盟店のデータが第三者によって削除され、ビットコインを要求する文言に書き替えられていたことで、不正アクセスが判明したという。(2019/9/5)

横浜国大の吉岡先生に聞く:
PR:Vol.3:教えて! サイバーセキュリティ
(2019/9/11)

Facebookの仮想通貨「Libra」は世界を変えるか 「国際送金など利点」「普及にハードル」
Facebookが発行を計画している暗号資産(仮想通貨)「リブラ」は、世界中の人々に安価な金融サービスを提供する可能性がある一方、犯罪に悪用されるリスクも懸念されている。リブラは“世界”をどう変えるのか。金融とITが融合した「フィンテック」を手掛けるジャパン・デジタル・デザインの楠正憲最高技術責任者(CTO)と京都大大学院の岩下直行教授に聞いた。(2019/8/26)

普及にハードル:
リブラは世界を変えるか 「国際送金など利点」
米交流サイト大手フェイスブックが発行を計画している暗号資産(仮想通貨)「リブラ」は、世界中の人々に安価な金融サービスを提供する可能性がある一方、犯罪に悪用されるリスクも懸念されている。リブラは“世界”をどう変えるのか。(2019/8/26)

アニメに潜むサイバー攻撃:
巨大SNS企業が、国家を滅ぼす――アニメ「ルパン三世 PART5」は“官僚の教科書”だった
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第9回は「ルパン三世 PART5」を再び取り上げます。(2019/8/23)

仮想通貨で電子マネーをチャージ可能に 「au WALLET」「楽天Edy」「nanaco」が対象
ディーカレットが、仮想通貨を使って電子マネーをチャージできるサービスを始めた。「au WALLETプリペイドカード」「楽天Edy」「nanaco」のいずれかの電子マネーに交換できる。(2019/8/21)

仮想通貨から電子マネーにチャージ可能に ディーカレット
ディーカレットが8月21日、仮想通貨から電子マネーにチャージできるサービスを開始した。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類から、au Wallet、楽天Edy、nanacoの3つの電子マネーにチャージできる(2019/8/21)

「Tポイント」をビットコインに交換可能に 100ポイントにつき85円相当 bitFlyerとTポイント・ジャパンが提携
仮想通貨交換業者bitFlyerがTポイント・ジャパンと業務提携。「Tポイント」をビットコインに交換できるサービスを始めた。本人確認を済ませたユーザーを対象に、100ポイントにつき85円相当のビットコインを付与する。(2019/8/20)

Tポイントでビットコインが購入可能に bitFlyerが開始
Tポイントが金融関連の提携先を増やしている。仮想通貨取引所のbitFlyerと連携し、Tポイントを使ってビットコインを購入できるサービスを開始した。Tポイント100ポイントで、85円分のビットコイン。(2019/8/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。