ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビットコイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビットコイン」に関する情報が集まったページです。

「ビッグテックの一部が解体される」という予測も:
AI、Mojo、ブロックチェーン TechTargetが予測する「2024年に起こる5つの変化」とは
TechTargetは、「2024年のテクノロジー予測」に関する記事を公開した。「2024年はブロックチェーン、AI、反競争的活動、新しいプログラミング言語Mojoが見出しを飾ることになる」としている。(2024/2/29)

安全でなさそう、難しそう……が間違いといえる理由:
ブロックチェーンにまつわる5つの誤解
ブロックチェーン開発については、暗号通貨コミュニティーから伝えられること以上に多くことがある。本稿では、ブロックチェーンに関してよく耳にする5つの誤解を解消する。(2024/2/28)

相次ぐ「X企業アカウント」の乗っ取り【後編】
SNSアカウント乗っ取りと「X」の方針、その切っても切れない関係
暗号資産(仮想通貨)詐欺を目的に、企業の「X」(旧Twitter)アカウントが乗っ取られる攻撃が活発化している。その原因と注意点に関して、セキュリティ専門家は“ある説”を立てている。(2024/2/22)

イーロン・マスク氏の「最新のチャレンジ」は成功するか? Xの次なる不安要素
X(旧Twitter)が年内にP2P決済機能の提供を始める予定だと発表した。イーロン・マスク氏は障壁はないとしているが、送金に関連するライセンスの取得には不安が残る。(2024/2/19)

相次ぐ「X企業アカウント」の乗っ取り【前編】
Google系ベンダーも“わな”に落ちた「Xアカウント乗っ取り」の実態
2024年に入り、著名企業の「X」(旧Twitter)アカウントが暗号資産(仮想通貨)詐欺に悪用されるケースが目立ってきた。被害はセキュリティベンダーにも広がっている。(2024/2/15)

メルカリ、全てのログインに生体認証を導入
メルカリは29日、「メルカリ」へのログイン時に生体認証を導入したと発表した。例えばiPhoneなら指紋認証のTouch ID、顔認証のFace IDが利用できる。(2024/1/29)

メルカリ、全ログインにパスワードレスの生体認証「パスキー」導入
メルカリは、フリマサービス「メルカリ」へのログイン時にパスワードレスの生体認証機能「パスキー」を導入。電話番号認証と比べてSMSを待たなくていい、入力の手間がないため失敗しにくいなどのメリットがある。(2024/1/29)

この頃、セキュリティ界隈で:
Xで横行する「アカウント乗っ取り」と「暗号通貨詐欺」 米SECも「ビットコインETFを承認」と偽投稿の被害に 対策は?
米証券取引委員会(SEC)のX公式アカウントが乗っ取られて偽情報がポストされる事件が起きた。Xではこれ以前から公式アカウントの乗っ取りや暗号通貨詐欺が横行していた。攻撃を仕掛けているのは何者なのか。どんな対策を講じるべきなのか。(2024/1/22)

米SEC、ビットコイン現物ETFを初承認 Xの偽投稿については調査中
米証券取引委員会は10日(現地時間)、暗号資産ビットコインの現物に連動する上場投資信託(ETF)11本を承認したと発表した。米国でビットコイン現物ETFが承認されるのは初めて。(2024/1/11)

X、米SECのアカウント侵害はSIMスワップによるものと説明
米証券取引委員会(SEC)のXの公式アカウントが乗っ取られ、ビットコインのETFを承認したと偽のポストをした件で、XはSECへのSIMスワップ攻撃が原因であり、Xのシステムが侵害されたわけではないと説明した。SECは翌日、ETF承認を正式に発表したがXにはポストしていない。(2024/1/11)

米SECのXアカウントで不正ログイン ビットコインETFを承認したとする偽の発表が投稿される
米証券取引委員会(SEC)のXアカウントに何者かが不正にアクセスし、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物に連動する上場投資信託(ETF)を承認したとの偽メッセージが投稿された。20分後に削除され、当局と協力して調査するとしている。(2024/1/10)

ランサムウェア攻撃集団Rhysidaの手口
英王室の医療情報を狙ったランサムウェア攻撃集団Rhysida 医療データを公開か
ランサムウェア攻撃集団Rhysidaが、英王室と縁の深い病院に攻撃を仕掛けた。報道によるとRhysidaは、王室の医療データと引き換えに身代金を要求している。被害の全容と攻撃の手口は。(2023/12/27)

Web3って「結局どないやねん」:
生成AIにブームを持っていかれた? 実はWeb3の今後も楽しみなワケ
Web3が以前まで“バズっていた”ことは記憶に新しいだろう。多くの読者は「生成AIの誕生で消えた?」と思っているかもしれない。果たしてそうだろうか。(2023/12/26)

「2進数のバースデーケーキ」が「エコで賢い」と話題 たった5本のロウソクで31歳まで祝える!
8本なら255歳まで祝えます。(2023/12/21)

セキュリティニュースアラート:
サイバー保険が厳格化 Tenableが2024年のサイバーセキュリティ展望を予測
Tenableは2024年のサイバーセキュリティの展望と傾向を発表した。AIプラットフォームやOTセキュリティへの攻撃増加などが懸念されている。(2023/12/19)

求人求職サイトの「DevJobsScanner」が発表:
米国で開発者の給与が高いプログラミング言語トップ10 2位はRust、1位は?
開発者向け求人求職サイトのDevJobsScannerは、過去1年間にスクレイピングしたソフトウェア開発者向け求人情報を分析し、米国で開発者の給与が高いプログラミング言語のランキングを発表した。(2023/11/17)

セキュリティニュースアラート:
Google フォームのクイズ機能を悪用した詐欺が急増中 その巧妙な手法とは?
Cisco TalosはGoogle フォームの「クイズ機能」を悪用する詐欺が急増していると報告した。この手法はセキュリティソフトウェアの検出を回避する狙いがあるとみられている。(2023/11/16)

セキュリティニュースアラート:
なぜ医療業界を狙うサイバー攻撃は急増したか? 2023年の脅威トレンドと合わせて解説
Check Point Software Technologiesはランサムウェアが持続的な脅威であること、APAC地域の医療・保険業界への攻撃が増加していることなどを示す最新のレポートを公開した。(2023/11/16)

スピン経済の歩き方:
「信者ビジネス」は嫌われているのに、なぜイケてる企業は“テキトーな名前”をつけるのか
「アップル信者」「アムウェイ信者」といった言葉があるが、ビジネスの世界で「信者をつくる手法」は成功の法則とされている。しかし、日本では……。(2023/11/14)

NHK、ビットコイン開発者「サトシ・ナカモト」に迫る 新番組「市民X」初回
謎の天才「サトシ・ナカモト」は何者か?――NHKが新番組で真相に迫る。(2023/11/13)

広がる教育機関へのランサムウェア攻撃【前編】
教育機関を狙うランサムウェアグループ「Rhysida」の手口とは
新興勢力のランサムウェア攻撃集団が英国の大学を攻撃した。攻撃集団の特徴や被害の実態を紹介する。(2023/11/9)

「高値更新…!」「めちゃくちゃ利益出て」 鷲見玲奈、暗号資産での“利益爆アゲ”に朝から興奮
おお。(2023/10/24)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
知らないと痛い目に遭う、「ランサムウェア」のトレンドや対処法を学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第12回は「ランサムウェア」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/9/21)

7nmプロセスSoCに続くサプライズ:
SK hynix製メモリも搭載、Huaweiの5Gスマホが業界に波紋
TechInsightsによると、Huaweiの新型5Gスマートフォン「Mate 60 Pro」にはSMIC製の7nm SoCのほか、韓国SK hynixの12GBのLPDDR5メモリと512GBのNAND型フラッシュメモリも搭載されていたという。(2023/9/13)

SMICの7nmプロセスで製造:
米制裁下のHuaweiが開発、初の中国製5Gチップを分析
米国TechInsightは、HuaweiがSMICの7nmプロセスによって、初の中国製5Gスマートフォン向けSoCを開発したと分析している。同社のレポートおよび関連報道が明らかにした詳細や、同社の今後について考察する。(2023/9/7)

暗号資産の業者が撤退 口座の残高はどうなる?
ビットコインなど暗号資産の業者が「撤退」する際には、口座から残高を引き出しておく必要がある。うっかり口座に残したままにしてしまった筆者の実体験を基に、取り戻すのに必要な手続きをまとめる。(2023/8/30)

セキュリティニュースアラート:
匿名ネットワークTorはどのようにDDoS攻撃を防ぐ? 鍵を握る「PoW」とは
The Registerは、TorがDDoS攻撃に対処する新しい防御機能を実装していると報じた。新しい防御機能には、仮想通貨で利用されている分散型ネットワークのコンセンサスアルゴリズム「PoW」を採用している。(2023/8/29)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「スマートシティー」にも活用広がる ブロックチェーン活用サービスの最前線を解説【前編】
「お試しPoC」を終えて普及期に入るブロックチェーン。決済や資金調達、スマートシティーや地方創生などにおける最前線の活用事例を紹介しつつ、課題と展望をアナリストが解説する。(2023/8/25)

積水化学の“本気すぎる”セキュリティ対策 リテラシー教育から情報管理体制構築まで
積水化学工業は役員や一般従業員といった非IT従事者に向けて徹底したサイバー演習やリテラシー教育を実施し、強固なリスクマネジメント体制を整えている。同社の事例を紹介しよう。(2023/8/16)

「タダ電」の会社、第2弾「ビットでんき」発表 ビットコインが貯まるってどういうこと? 運営会社に聞いた
毎月の電気代が1万円まで無料になるという「タダ電」で注目を集めたエスエナジーが8月21日、電気料金プランの第2弾「ビットでんき」を発表した。どのような内容なのか、運営会社に聞いた。(2023/8/21)

メルカリ、売上と純利益が過去最高 GMVは1兆円規模に 生成AIやLLM「年内に何らかの実装」
メルカリが10日に発表した2023年度6月期連結決算は、売上高が前年同期比17%増の1720億円、純利益は130億円の黒字といずれも過去最高を記録した。(2023/8/10)

WebX開催:
Web3で結束する政・官・民 それぞれの立場で推進する取り組み
CoinPostが開催したカンファレンス「WebX」に、政・官・民のそれぞれの有識者が登壇した。政府も取り組みを推進するWeb3だが、それぞれの立場はどのような考えを持っているのだろうか。(2023/7/27)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
ブロックチェーン技術のあらましや今後の展望を5分で学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第10回は「ブロックチェーン」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/7/12)

半径300メートルのIT:
「セキュリティとはテトリスだ」 40年間インターネットを見てきた伝説的ハッカーは何を語るか
現役の凄腕セキュリティリサーチャーであるWithSecureのミッコ・ヒッポネン氏が初の邦訳著書の出版を記念して来日しました。40年間インターネットの最前線で活動してきた同氏は本書で何を語ったのでしょうか。(2023/7/4)

Twitterの混乱にジャック・ドーシー氏が「みんな落ち着いて」「批判するのは簡単だが」とツイート
Twitterが閲覧件数制限などで混乱する中、元CEOのジャック・ドーシー氏が「落ち着こう」を意味する草の画像や「遠くから批判するのは簡単だが」と擁護するツイートを投稿した。(2023/7/2)

「メルカリでビットコイン取引」口座開設30万人突破
メルカリアプリ内でのビットコイン取引サービスの口座開設者数が30万人を突破。(2023/5/23)

GMOコインユーザー3729人に調査:
今年、価格上昇に期待する暗号資産 3位「ETH」、2位「リップル」、1位は?
GMOコイン(東京都渋谷区)は、GMOコインユーザー3729人を対象に「暗号資産に関する調査」を実施した。63.0%が、23年は暗号資産への投資を増やしたいと回答した。(2023/5/16)

次はETHステーキング 大和証券グループ傘下のFintertech、新社長が目指すWeb3とは
大和証券グループ本社とクレディセゾンの合弁会社であるフィンテック企業Fintertechにグループ最年少となる、42歳の新社長が就任した。大企業傘下のフィンテック/クリプト企業において、新社長は何を目指していくのか。相原社長に聞いた。(2023/5/10)

ビットコイン、3万ドル(400万円)回復 年初から84%上昇
ビットコインは4月11日、ドル建てで3万ドル、円建てで400万円を超えた。3万ドルを回復するのは2022年6月以来。(2023/4/11)

編集部コラム:
イーロン・マスクがTwitterロゴをDogecoinの柴犬に変更して価格上昇 市場操作について弁護士の見解は?
暗号資産「Dogecoin」の大ファンで知られるイーロン・マスク氏。同氏はTwitter内のロゴをDogecoinのシンボルである柴犬に変更し、その後大幅な価格上昇が確認された。これは価格操作にあたるのか。(2023/4/8)

証拠品取引も調査:
満足度が高い「暗号資産取引所」 現物取引ランキング2位は「bitbank」、1位は?
顧客満足度調査を実施するoricon ME(東京都港区)は全国の20〜69歳の男女を対象に、「暗号資産取引所」についての満足度調査を実施した。(2023/4/5)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
スタートアップと金融機関、2つの側面を持つbitbankのセキュリティ対策とは? ――ビットバンク 橋本健治氏
暗号資産取引所サービスのセキュリティというと「高度なソリューションを駆使して取り組むもの」というイメージがあるが、まず取り組んだのは「自社を知る」という地道な作業から。(2023/4/4)

メルカリでビットコイン取引、口座開設10万人突破 8割が「暗号資産取引経験なし」
メルカリアプリ内でビットコイン売買ができるサービスの口座開設者が、初月で10万人を突破した。77%が、過去に暗号資産取引経験がない初心者だという。(2023/4/3)

「とにかくビットコインを持ってみて!」 “冬の時代“に仮想通貨ビジネスに乗り出すメルカリの狙い
仮想通貨冬の時代の今、なぜメルカリは新たに仮想通貨取引に参入するのか。サービスを提供する子会社メルコインのCPO(チーフ・プロダクト・オフィサー)である中村奎太氏に聞いた。(2023/3/24)

ビットコインなぜ上昇? 2万4000ドル超えて年初来高値まであと一歩
ビットコイン価格が上昇している。3月14日早朝に2万4000ドルを超え、年初来高値まであと一歩だ。日本円でも320万円を超えている。(2023/3/14)

ラッパーAK-69、偽SNSアカウントによる「金銭要求」の詐欺被害に怒り心頭 「STAFF一同非常に強い憤りを感じております」
偽アカウントからLINEに誘導し、金銭を要求するというのが手口とのこと。(2023/3/12)

ビットコイン急落、一時2万ドル割れ バイデン大統領、仮想通貨マイニング電力に30%課税求める
3月10日、ビットコインが急落し、一時節目となる2万ドルを割った。直近3日間で約10%下落した。 米バイデン大統領が予算案として、ビットコインなど仮想通貨マイニングに使われる電力に30%課税することを提案(2023/3/10)

メルカリ、ビットコイン取引に参入 売上金やポイントで購入可能
メルカリは3月9日、メルカリアプリ内でビットコインの売買ができる新サービスの提供を開始した。売上金や残高、ポイントなどで1円からビットコインが売買できる。(2023/3/9)

Web3がビジネス臭くなる? 現場の声は「なんか違う」
エンタープライズの間でWeb3に挑戦する企業が増えている。認知拡大にこれらの取り組みは欠かせないが、Web3企業は少し違う意見も持っているようだ。(2023/3/8)

楽天ポイントの「ポイント運用」、ユーザー数1000万人突破 「楽天ポイント利息」も200万人突破
楽天グループは3月7日、楽天ポイントを使って投資の疑似体験ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」のユーザー数が1000万人を超えたと発表した。(2023/3/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。