ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビットコイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビットコイン」に関する情報が集まったページです。

Mostly Harmless:
スパコンの「肝」を手に入れたNVIDIA、次の飛躍で狙う先とは
“ビットコインバブル”により、2019年会計年度第4四半期で対前年比24%の売り上げが落ち込んだNVIDIAですが、スパコンの「肝」となるインターコネクト技術を手に入れ、次なる飛躍に向けた動きが加速しそうです。(2019/5/17)

大手仮想通貨取引所「Binance」にサイバー攻撃、44億円相当のビットコイン流出
仮想通貨取引所大手の「Binance」がハッカーによるサイバー攻撃を受け、7000ビットコイン(日本円で44億円相当)が流出した。今後1週間程度にわたりセキュリティレビューを行うとしており、その間はすべての仮想通貨の入出金を停止する。(2019/5/8)

MUFGとAkamaiがブロックチェーンの決済ネットワーク会社設立 20年にサービス提供
ブロックチェーンの決済ネットワーク会社をMUFGとAkamaiが設立。国内で20年上期に決済インフラとしてサービス提供を目指す。(2019/4/19)

Coinhive訴訟控訴審の裁判費用、寄付募集 仮想通貨やPayPayもOK
Coinhive事件の控訴審の裁判費用について、被告のモロさんが、日本ハッカー協会を通じて寄付の募集を始めた。銀行口座への振り込みのほか、ビットコイン、モナコイン、PayPayによる寄付も可能だ。(2019/4/19)

ビットコインキャッシュ混乱 SBIが取扱停止、BSVは上場廃止が相次ぐ
1年半前にビットコインからハードフォークして生まれたビットコインキャッシュが混乱している。半年前にはさらに2種類に分裂し、存在感が低下。取り扱いを廃止する取引所も現れた。(2019/4/18)

仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」が新規口座受付開始
楽天IDおよび楽天銀行と連携。Web上で新規口座開設が可能。(2019/4/15)

Zaif、「買いあおりメール」で協会から厳重注意 「関心集めたかった」
4月4日にZaifユーザー向けに配信したメールの内容が、仮想通貨の購入をあおるものだったとして、11日に謝罪・撤回した。(2019/4/12)

オルトコインも堅調:
「仮想通貨の冬」終焉か? ビットコイン急騰、一時5300ドルを上回る 専門家の見解は……
4月に入り急騰したビットコイン価格が仮想通貨市場をにぎわせている。4月4日には5300ドルを突破。足元では5000ドル前後で堅調な推移を続けている。(2019/4/4)

急騰の要因は?:
ビットコイン、一時5000ドルを上回る エイプリルフールが関係してる?
4200ドル前後で横ばい推移を続けていたビットコイン価格は4月2日、2018年11月ぶりの水準となる5000ドル近くまで急騰。エイプリルフールが関係しているとの見方も出ている。米CNBCが報じた。(2019/4/3)

製造業IoT:
ソニー出身者が立ち上げたIoTプラットフォームは「データの民主化」を目指す
ベンチャー企業のジャスミーは、開発中のブロックチェーン技術を活用したIoTラットフォーム「Jasmy IoTプラットフォーム」の事業展開について説明。2019年4月に設立する予定の「Jasmy Initiative」に参画する企業と、Jasmy IoTプラットフォームを使った実証実験を夏ごろから始める計画だ。(2019/4/1)

自分の仕事は自分で守れ:
“会社員”が消える日――「雇用激減時代」の未来地図
AIやロボット、ICTの発達によって「会社員」が消えていく――。(2019/3/28)

Barclays Bankが試験導入
「IBM Q System One」が切り開く量子コンピュータの未来
いつの日か、量子コンピューティングは宇宙の謎を解き明かすかもしれない。量子コンピューティングを早期導入したBarclays Bankの前に今立ちはだかる最大の壁は、量子コンピュータで実行できる程度に問題をシンプルにすることだ。(2019/3/26)

“兵庫県警ブラクラ摘発”、弁護士費用の寄付呼び掛け 日本ハッカー協会
無限ループプログラムのURLを掲示板に書き込んだ3人が不正指令電磁的記録供用未遂の疑いで摘発された事件で、被疑者の弁護士費用を集める寄付の募集を日本ハッカー協会が始めた。「弁護士を付けることができれば、不起訴処分にさせたり裁判で無罪の判決を得ることも可能」とみている。現金のほか仮想通貨での寄付も可能だ。(2019/3/25)

フィッシング詐欺も過去最大規模で拡大
新手の攻撃「Roaming Mantis」「セクストーションスパム」とは?
ルーター設定を書き換え悪質サイトに誘導する「Roaming Mantis」や、ソーシャルエンジニアリングを使った脅迫メール「セクストーションスパム」など、新たに観測されたサイバー攻撃事例を取り上げる。(2019/3/22)

利用者は拡大中:
仮想通貨取引、4割が投資未経験者 GMOコイン調査
仮想通貨取引所のGMOコインが利用者向けに行った調査によると、4割が投資未経験者。また、新たに仮想通貨取引を始める人も拡大しており、19%が2019年になって始めたという。(2019/3/19)

円満アピール:
韓国最大手の仮想通貨取引所Bithumbが半数の人員削減 「取引高虚偽報告」の疑いも
韓国大手仮想通貨取引所Bithumbは半数近くの人員削減に踏み切る。同取引所には取引高虚偽報告の疑いも生じているという。CCNが報じた。(2019/3/19)

「世界のリーダーを目指す」:
中国が狙う「金融強国」とは 日本は存在感低下?
巨額の投資マネーを引き寄せる国際金融拠点として世界に冠たる力を誇る米国に中国が迫ってきた。英国の欧州連合(EU)離脱の動きがロンドン金融街に影を落とす一方、中国の習近平政権の政策も追い風に、香港が急速にマネーの吸引力を強めている。米中のはざまで、東京証券取引所を核とする日本は存在感を守れるのか、分岐点に来ている。(2019/3/19)

8月までには……:
「ビットコイン、19年中に強気相場に戻る」 著名アナリストが解説
2019年は仮想通貨相場にとって復調の年になるだろう。強気筋として知られる米投資調査会社Fundstrat Global Advisorsの共同創設者であるトーマス・リー氏が指摘。米CNBCに出演し、その理由を解説した。(2019/3/18)

仮想通貨流出で国内初検挙 「モナコイン」1500万円詐取 18歳少年を書類送検
警視庁が、電子計算機使用詐欺の疑いで18歳少年を書類送検した。仮想通貨「モナコイン」を約1500万円相当だまし取ったとしている。(2019/3/14)

ITりてらしぃのすゝめ:
「いたずらURL」補導にCoinhive事件、“警察や法律を頼れない時代”に私たちがすべきこと
サイバー犯罪が増える中、「これは犯罪なのか?」というグレーゾーンにまで警察が踏み込んできている。私たちにできることは何があるのだろうか。(2019/3/13)

ランサムウェア+標的型攻撃=? 新たな攻撃、被害は数百万ドル
海外で「標的型ランサムウェア」による被害が広がっている。ランサムウェアというと「脆弱性が存在するPCやIT機器を無差別に襲うもの」というイメージもあるが、違うタイプという。対策は。(2019/3/12)

独自の調査も実施:
「機関投資家の22%は既に仮想通貨を保有」 米Fidelityが仮想通貨関連サービスを密かに開始していた
米大手金融機関Fidelityは密かに仮想通貨のカストディーサービスや取引業務などの一部サービスを開始していたようだ。また、仮想通貨に関する独自の調査結果を発表した。米CNBCが報じた。(2019/3/11)

4年周期?:
ビットコイン、2万ドルまで回復する兆しか アナリストが指摘
ビットコインが再び2万ドルまで回復するかもしれない。足元の価格推移が2017年後半の値動きと似ているといい、価格が上昇に転じる兆しだという。MarketWatchが報じた。(2019/3/8)

不審アクセス検知、前年の1.5倍で過去最多に IoTや仮想通貨が標的に
警察庁が保有しているIPアドレスで平成30年に検知したネット上の不審なアクセスが、1日平均で1カ所当たり2752.8件に上り、前年(1893.0件)の約1.5倍で過去最多だったことが7日、警察庁のまとめで分かった。(2019/3/8)

“地球政府”が必要:
ビットコインが普及するまであと100年、世界が1つになるまで? ロシアのスパイ疑惑企業のCEOが語る
ロシア企業Kaspersky Labのユージーン・カスペルスキーCEOは、ビットコインは非常に素晴らしい革新だと称賛。一方で、普及するまでにはあと100年は要するとの見方を示した。CCNが報じた。(2019/3/6)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
HTCのブロックチェーンスマホ「Exodus 1」は透明背面がカッコイイ
「購入は現金ではなくビットコインなど仮想通貨」というだけでも注目を集めたHTCのブロックチェーン対応スマートフォン「Exodus 1」。ベースモデルはHTCの「U12+」。背面はU12+同様の透明な仕上げですが、内部の基板が見えるようなデザインです(2019/3/5)

それでもビットコインは強い?:
ビットコイン、一気に1000ドルまで下落する可能性も 過去の値動きと類似
ビットコイン価格は1000ドルまで下落するのか?今年に入り、ビットコインは3200〜4000ドルの比較的狭いレンジの中で推移している。4200ドルに設定されている上値抵抗線も当然突破できないままだ。(2019/3/4)

メンバー以外立ち入り禁止:
米Facebookが秘密裏に進める仮想通貨事業の内容とは……
米Facebookが仮想通貨事業を秘密裏に進めている。具体的にどのようなプロジェクトに取り組んでいるのかも公にされていない。関係者の証言などからみえてきたのは……(2019/3/1)

他にもいる反対派:
「ビットコインは妄想」 ウォーレン・バフェット氏がまた批判
ビットコインに価値は全くない、基本的には妄想だ。ウォーレン・バフェット氏がビットコインを批判。著名人の中でも仮想通貨“反対派”は他にもいるようだ。(2019/2/26)

製造業ブロックチェーン活用入門(前編):
製造業にも役立つブロックチェーンの3つの特徴
「インターネット以来の発明」と言われ、高い期待が寄せられているブロックチェーン。本稿では、製造業向けにブロックチェーン技術や適用範囲、さらに活用メリットを前後編に分けて解説する。前編ではまず、ブロックチェーンの技術的な仕組みについて取り上げてみよう。(2019/2/27)

流通、金融、不動産、医療業界など
モバイルアプリにおけるブロックチェーンの使用例
ブロックチェーンは、企業向けモバイルアプリにさまざまな利益をもたらす。モバイルアプリとブロックチェーン技術の融合に関する幾つかの事例を見てみよう。(2019/2/26)

仮想通貨「コムロコイン」 小室圭さんの名前を勝手に利用か
秋篠宮家の長女、眞子さまとの婚約が延期になっている小室圭さん(27)の名を利用した仮想通貨「コムロコイン」が設立されたことが分かった。「小室さんの友人」を名乗り、借金返済のための資金調達を目的として作ったというのだが、相当怪しい。(2019/2/25)

既存金融機関に対する不信感:
仮想通貨市場に朗報? ミレニアル世代の43%は「株式市場より仮想通貨市場を信頼」
2018年から低迷が続いている仮想通貨市場だが、今後価格が大きく上振れる可能性があるという。米投資プラットフォーム運営会社eToroが仮想通貨取引に関する調査を自実施。ミレニアル世代の43%は株式市場より仮想通貨市場を信頼していることが分かった。(2019/2/22)

日本マイクロソフトと提携して開発:
ノードを簡単に用意できる――ブロックチェーンサービス開発向けのインフラ「Ginco Nodes」が提供開始
Gincoは、ブロックチェーンサービスの開発時に必要なノードのホスティングサービス「Ginco Nodes」を提供する。システムの開発コストや維持コストを抑えつつ、BitcoinやEthereum、XRP Ledgerといった複数のブロックチェーンの機能を活用できる。(2019/2/20)

「完全な対策」は存在しない
iPhone、Androidを狙うクリプトジャッキング、実行されるとどうなる?
ほとんどのモバイルOSはモバイルクリプトジャッキングを防ぐために何らかのセキュリティ対策を実装している。IT部門はクリプトジャッキングのリスクを認識し、攻撃に対抗する手順を知っておく必要がある。(2019/2/17)

経済学者が解説:
「ATM」をバカにしてはいけない、知っているようで知らない箱のチカラ
大抵の人は、まとまった現金が手に入ると銀行に預ける。よほど金額が大きくなければATMで入金する。銀行預金とATMは生活に密着しているわけだが、私たちはそのスゴさをどれほど理解しているのだろうか。『暗号通貨vs.国家』を上梓した経済学者、坂井豊貴氏が解説する。(2019/2/14)

仮想通貨を盗むマルウェアが「Google Play」に セキュリティ企業に発見され削除
仮想通貨を盗み出すマルウェア「Clipper」が、米Googleの公式アプリストア「Google Play」で発見された。(2019/2/12)

渋谷豊の投資の教室:
今こそ考える? ゴールド(金)投資の魅力
株式市場が軟調だと、自然とリスクに強そうな投資に目が向く。特に、歴史的に価値を保ってきたゴールド(金)は、実際に手に取って触れられる資産ということもあって、気になっている人が多いだろう。(2019/2/12)

架空世界で「認証」を知る:
「カウボーイビバップ」は電子マネーをどう描いた? 2071年太陽系の“決済手段”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第9回のテーマは架空世界の電子マネーについて。(2019/2/8)

最大の障害は……:
JPモルガンのアナリストが“ビットコイン強気筋”に
2カ月前までビットコインに対し弱気な見方を示していた米大手金融機関JP Morganのアナリストが意見を変えたようだ。長期的に見ればビットコイン価格は大幅に持ち直すという。(2019/2/7)

取引所のCEO急死:
160億円相当の仮想通貨はどこに? 不可解な取引が明らかに
カナダの大手仮想通貨取引所QuadrigaCXのジェラルド・コットンCEOが2018年12月に急死。QuadrigaCXが管理していたとされる1億5000万ドル相当の仮想通貨にアクセスできなくなるなど、混乱が広がっている。(2019/2/6)

攻撃者をシステムの隔離領域に誘導:
データやリソースを盗む攻撃への新たな対策を考案、ミズーリ大
米国ミズーリ大学工学部などの研究チームが、データ窃盗(APT)やリソース窃盗(APM)といった標的型攻撃に対抗する新手法を考案した。APTへの対応とAPMへの対応はほぼ正反対になっている。(2019/2/5)

取引規模は6800万ドル相当:
認証情報や個人情報の不正取引サイト、米欧の連携で摘発
世界各国で流出したコンピュータの認証情報や個人情報などの不正取引に使われていたWebサイト「xDedic Marketplace」が摘発された。(2019/1/30)

Mostly Harmless:
2019年は「ブロックチェーンの年」になるか?
暗号通貨の暴騰で“汚名を着せられ”てしまった「ブロックチェーン」ですが、テクノロジーとしてはさまざまな可能性を秘めた技術といえます。今後の活用の行方を探ってみましょう。(2019/1/30)

「ハッタリだけでボロ儲け」 “恥ずかしい写真”で恐喝、セクストーションスパムの手口
裸など性的な画像をばらまくと脅し、金銭をだまし取ろうとするスパムメールが日本でも広がっている。専門家によれば「『ハッタリ』をきかせるだけでボロもうけする手口」が登場しているという。(2019/1/30)

ITmediaエンタープライズセキュリティセミナー:
ダークウェブサイト「Silk Road」運営者逮捕の理由から学ぶOPSECのヒント
サイバー犯罪事件のニュースからOPSEC(運用上のセキュリティ)のヒントを得るにはどうすればいいのか。Planetway Japanの竹田氏が「ダークウェブ」の実態や、現在はテイクダウンされたダークウェブサイト「Silk Road」の捕り物劇を紹介しながら、OPSECのポイントを考察した。(2019/1/30)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
まるで「虫の大群」? 2019年のサイバー攻撃、セキュリティベンダー各社が予測
セキュリティベンダー各社による、2019年のセキュリティ脅威予測をまとめた。(2019/1/28)

米政府閉鎖が要因:
CBOEがビットコインETF申請を取り下げ 「SECの準備が整えば再申請を検討する」
米証券取引委員会は1月22日、米シカゴ・オプション取引所が提出していたビットコインETFに関する申請を取り消したと発表。長期化している米政府の一部閉鎖が要因。調査結果では6割の金融のプロがビットコインETFを望んでいるという。(2019/1/24)

過去にも問題を起こしていた:
韓国の仮想通貨取引所、誤って530万ドル相当の仮想通貨を無料配布 「補償を行う予定はない」
韓国の仮想通貨取引所Coinnestは1月19日に、誤って530万ドル相当の仮想通貨を顧客にエアドロップしてしまったことを明かした。サーバのエラーが原因という。(2019/1/22)

コインチェック流出仮想通貨、現金化の動き 海外交換所に持ち込み
コインチェックから当時のレートで約580億円相当の仮想通貨NEMが流出した事件で、ハッカー側がネムを資金洗浄して得たビットコインの一部を海外の仮想通貨交換所に持ち込み、現金化しようとした形跡があることが分かった。(2019/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。