ニュース
» 2017年12月22日 20時00分 公開

IoTで児童の運動能力育成を支援――富士通、「なわとびセンシングサービス」を発売

富士通が、なわとび運動の測定にIoTを活用することで、児童の運動能力育成を支援するサービスを発売。測定と分析結果のフィードバックで、運動に興味を持たせ、継続して運動する意欲を引き出すことを目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

 富士通は2017年12月21日、なわとびによる児童の運動能力育成をIoTで支援する「FUJITSU IoT Solution Social Sports Learning なわとびセンシングサービス」を、学校や教育委員会向けに発売した。

Photo サービスの流れ

 同サービスは、なわとび運動のデータをセンサーで測定し、データの分析結果を基に、改善に向けた振り返りまで行うソリューションを提供するもの。児童を対象に、なわとび計測を行う「測定授業」と、測定結果のフィードバックを行う「振り返り授業」のセットを2回実施する。

 測定授業では、児童の腰に加速度センサーとジャイロセンサーを搭載した専用のベルトを装着し、なわとびを跳んでいる間のデータをセンシングし、富士通のクラウドに収集する。

 その後、測定データを富士通独自のアルゴリズムで分析し、成功回数や失敗回数、本人が意識しないリズムやバランスなどを可視化。分析結果を個人別フィードバックシートとして児童と教員に配布する。

 振り返り授業では、富士通の専門員がフィードバックシートについて説明する。1回目と2回目の変化やそれぞれの良いところ、改善が必要なところなどを児童に学習させ、その後の自発的な練習につなげる。

 なお同サービスは、測定した全児童の結果全体が把握できる分布図やグラフも提供する。

Photo 個人別フィードバックシートのイメージ画面

 価格は、個別見積(税別82万円から)。富士通は、2020年度末までに全国の小学校500校に導入を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -