ニュース
» 2018年03月19日 10時30分 公開

SCSK、AIでエンドポイントを常時監視する「Cybereason EDR」を導入 1万9000台のPCとサーバを保護

SCSKが、クラウド型のエンドポイント侵害検知・対処(EDR)ソリューション「Cybereason EDR」を導入。AIによるエンドポイントの常時監視・分析によりサイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知するEDRで、セキュリティ体制を高度化する。

[金澤雅子,ITmedia]

 SCSKは2018年3月14日、サイバーリーズン・ジャパンのエンドポイント侵害検知・対処(EDR:Endpoint Detection & Response)ソリューション「Cybereason EDR」を導入すると発表した。

Photo SCSKが導入する「Cybereason EDR」の運用イメージ

 SCSKでは、自社や顧客の重要な情報資産をサイバー攻撃の脅威から守るため、これまでサンドボックスやアンチウイルスなど、各種セキュリティ対策による防御体制を構築している。今回、新たなセキュリティ対策として、Cybereason EDRを導入する。

 Cybereason EDRは、エンドポイントのログデータをAIで自動的に解析し、サイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知するクラウドベースのEDRソリューション。解析結果は管理画面上にグラフィカルに表示され、インシデント時の状況把握や対処を迅速に行える。

Photo 「Cybereason EDR」の管理画面の例

 約1万9000台のPCとサーバを運用するSCSKでは、Cybereason EDRの導入に当たって実環境で動作検証を実施。その結果、エンドポイントやネットワークに掛かる負荷が低いことを確認。また、脅威検知のアラートが上がると遠隔操作で端末をネットワークから隔離できるなど、即時に脅威に対処できる点などを評価し、採用を決めたという。

 SCSKでは、2018年3月末までに社内の全てのPCとサーバに導入を進め、EDRによるサイバー攻撃への防御体制を全社的に整えるとともに、今後、グループ会社への導入も検討する。

 また、SCSKは、サイバーリーズン・ジャパンの販売パートナーとして、「Cybereason」製品の販売も手掛けており、引き続き、国内市場への展開を図るとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -