ニュース
» 2018年05月10日 08時10分 公開

Walmart、インドEC最大手Flipkartの160億ドルでの買収を発表 ソフトバンクは株式売却

Amazon.comと競合する米小売り大手のWalmartが、インドECサイトの最大手であるFlipkartの買収を発表した。株式の77%を約1兆7500億円で取得する。主要株主だったソフトバンクは持ち株をWalmartに売却した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Walmartは5月9日(現地時間)、インドECサイト最大手のFlipkart Groupの株式の77%を約160億ドル(約1兆7500億円)で取得することで合意に達したと発表した。取引は6月末までに完了の見込み。

 walmart 1 Walmartのダグ・マクミロンCEO(左)とFlipkartの創業者、ビニー・バンサル氏

 競合の米Amazon.comにインド市場でも対抗する狙い。Amazonは直近の業績発表後の電話会見で、インド市場はプライム会員の伸びが最速であり、今後も重視していくと語っていた。

 ダグ・マクミロンCEOは発表文で、「インド市場はその規模と成長性により、世界で最も魅力ある市場の1つだ」と語った。

 残りの株式は共同創業者のビニー・バンサル氏、中国Tencent、米Microsoftなどの既存株主が保有する。TencentとMicrosoftは戦略的、技術的パートナーとしてFlipkartの事業拡大を支援していく。

 walmart 2 Walmartはインドでも小売り店舗を展開している

 Vision Fundで2017年8月に同社に投資し、同社最大の株主になったソフトバンクは、Walmartの買収発表の直前に保有株式をWalmartに売却した。ソフトバンクの孫正義社長が3月期の業績発表でそう語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -