ニュース
» 2018年06月08日 19時37分 公開

Amazon、Alexaでテレビも操作できる「Fire TV Cube」を120ドルで発売へ

Amazon.comが、Fire TVとAmazon Echoを統合したような4K Ultra HDストリーミングプレーヤー「Fire TV Cube」を米国で120ドルで発売する。赤外線やHDMI CECでテレビやCATVチューナーを接続し、それぞれを音声で制御できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは6月7日(現地時間)、AIアシスタント「Alexa」搭載の4K Ultra HDストリーミングプレーヤー「Fire TV Cube」を発表した。6月21日にまずは米国で発売する。価格は119.99ドル(約1万3000円)。

 cube 1 ほぼ立方体の「Amazon Fire TV Cube」

 「Fire TV」(9.99ドル)と「Amazon Echo」(99.99ドル)の機能を統合したような製品だが、ストリーミングプレーヤーとしての性能はFire TVより高い。

 赤外線通信、クラウドベースのプロトコル、HDMI SECで互換性のあるテレビやCATVのチューナー、サウンドバーなどを接続し、それらを音声で制御できる。テレビの電源を入れたり、音量調整やCATVのチャンネル変更も可能で、複数のリモコンから解放されそうだ。

 cube 2 Cubeの製品構成と本体背面のポート

 米国では、Amazonプライムビデオはもちろん、Netflix、Hulu、HBO、NBCなどの50万本以上のテレビ番組や映画を4K Ultra HDで視聴できる(米Google傘下のYouTubeはサポートしない)。これらのサービスをAlexaで操作できるので、音声で番組を検索したり、エピソードを再生したりできる。

 cube 3

 スマートスピーカーとしての機能はEchoシリーズと同じなので、スマート家電の制御やスキルの実行などが可能だ。

 ストレージはFire TVの倍の16GBで、サイズは86.1×86.1×76.9ミリ(完全なキューブではない)、重さは465グラムだ。

 日本で発売するかどうかは、今のところ不明だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -