ニュース
» 2018年06月20日 10時46分 公開

Amazon、ホテル向けAlexa提供開始 マリオットなどが採用

Amazon.comがホテルの客室向けのAIアシスタント「Alexa for Hospitality」を発表した。宿泊客は室内照明や空調を口頭で調整できる他、ルームサービスやエステの予約などもできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは6月19日(現地時間)、ホテル向けのAlexaサービス「Alexa for Hospitality」を発表した。宿泊客は部屋に設置されたEchoシリーズなどのAlexa搭載端末を使って室内照明を調節したり、ルームサービスを頼んだり、コンセルジュを呼び出したり、エステの予約を入れたりできる。まずは米ホテル大手のMarriott Internationalが採用した。

 hotel 1

 将来的には、Amazonユーザーが一時的に部屋のAlexa端末に自分のAmazonアカウントを接続することでパーソナライズできるオプションを追加する計画。アカウントを接続することで、宿泊客は部屋で自分のAmazon MusicやSpotifyの音楽を聴いたり、Audibleのオーディオブックを聴いたりできる。この接続は、チェックアウト時に自動的に解除される。

 hotel 2 「Alexa for Hospitality」でできること

 プライバシーとセキュリティに関しては、Q&Aによるとホテル側は宿泊客とAlexaとの会話を聞くことはできず、暗号化された会話は(一般のAleaサービス同様に)AWSサーバに保存されるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -