運用漬けから抜け出せ!攻めのシステム運用管理


新着記事

icon
ITILを究める! サービスデリバリ編:

限りなくゼロに近いダウンタイムを目指す

[国内記事] 24時間×365日のシステムを運用していく上で、落ちないシステムを作ることは大きな課題だ。サーバのダウンタイムを可能な限りゼロに近づけるため、可用性管理は欠かせない。 [2005/9/29]


icon
ITILを深める! サービスサポート編:

ソフト・ハードのリリースに失敗しないために

[国内記事] ITインフラの運用のトラブルの原因は変更や新規導入によるものがほとんどだ。ITILの変更管理プロセスと同様、リリース管理は非常に重要になってくる(攻めのシステム運用管理)。 [2005/9/22]


icon
ITIL導入成功のステップ:

サービスレベル管理、7つの疑問

[国内記事] ITILが広く認知される以前からサービスレベル管理に取り組んできた企業は多いだろう。自社に適した管理が行われてきただろうか? 7つのポイントを紹介しよう(攻めのシステム運用管理)。 [2005/8/30]


icon
運用管理のベストプラクティス集「ITIL」とは何か?

知らないと恥ずかしい、ITIL超基礎

[国内記事] ITILを導入する企業が増えてきた。しかし、「ITILって何だろう?」という素朴な疑問を持っている人も多いだろう。ITILの基礎知識を紹介する(攻めのシステム運用管理)。 [2005/7/29]


FEATURES

システム運用管理、あなたの会社は大丈夫?

「システムに使われるのはごめんだ」――システム運用管理の見直しは“待ったなし”のところまできている。いま注目の「ITIL」は企業に道しるべを与えてはくれるが、それだけでは成果は得られない。運用管理ツールの選択眼がものをいう「ITIL」導入……あなたの会社は大丈夫?


コラム

悲劇は喜劇より偉大か?:

本当はどう思われている? 企業のIT部門が見るITIL

news017.jpg

[国内記事] ITILを導入すると、運用管理コストが削減できる。そんな期待が高まっている。実際のところはどうなのだろうか。ITIL導入のための勉強会を開いただけで終わってしまう企業も多いという(攻めのシステム運用管理)。 [2005/9/9]


「誠実にこなす」だけでは不十分なヘルプデスク

news033.jpg

[国内記事] インシデント処理に情熱を注ぐヘルプデスクの社員たち。しかしなかなか従業員の満足度は向上しない。各インシデントばかり見ていても、本質は見えてこない(攻めのシステム運用管理)。 [2005/9/2]


悲劇は喜劇より偉大か?:

バックアップでトラブル! 自分たちにどんな責任があったのか?

news001.jpg

[国内記事] 情報システム部門は複数の部署と共同で作業をすることが多い。うまくいっているときは問題ないが、事故が起きた場合に責任のなすり付け合いになっていないか?(攻めのシステム運用管理) [2005/8/29]


悲劇は喜劇より偉大か?:

抜け穴を探すエンドユーザーたち

news019.jpg

[国内記事] セキュリティ対策を施してから持ち込みPCを許した。ところが、利用者はシステムの穴を見つける。ニーズがあるものを管理者の都合で禁止しても抜け穴を作られてしまうだけだ(攻めのシステム運用管理)。 [2005/8/19]


悲劇は喜劇より偉大か?:

社員にライセンス意識は芽生えるのか?

news011.jpg

[国内記事] 社内ではさまざまなソフトウェアが利用される。組織拡大と共に運用が破綻するのはよくある話だ(攻めのシステム運用管理)。 [2005/8/8]


悲劇は喜劇より偉大か?:

ITを分かっているのは君たちだけだ

news006.jpg

[国内記事] 機種やスペックがばらばらだとPC管理が難しくなる。しかし、PCスペックの標準化もIT部門の思惑通りにいかないものである(攻めのシステム運用管理)。 [2005/8/1]


悲劇は喜劇より偉大か?:

システム管理者が“暴君”になるとき

news007.jpg

[国内記事] パスワードポリシーをやたら強化したがるシステム管理者が現れた。「情報漏えいが起きたら、責任を取れますか? 」――この言葉に従業員には、反論の余地はない(攻めのシステム運用管理)。 [2005/7/25]


悲劇は喜劇より偉大か?:

「ITで会社を変えてやる」――その熱意、理解されている?

news018.jpg

[国内記事] IT部門と利用者の間に温度差があるのは常。IT部門の担当者は、理解されずに苦しむ。原因は、システムではなく、コミュニケーション不足だったりしないだろうか(攻めのシステム運用管理)。 [2005/7/15]


悲劇は喜劇より偉大か?

実録 ITインフラ複雑化の悲劇

[国内記事] IT導入は業務効率向上を目的としている。なのに、結果的にITに振り回されることはよくある話し。あるシステム管理者は気付いた。「最終的には人が管理するものである」。少し遅かったようだが……。 [2005/7/4]


関連ニュース



Special

- PR -

Special

- PR -