ニュース
» 2004年04月27日 20時48分 UPDATE

東芝が「RD-X4」拡張パックを販売開始、しかし……?

東芝は4月27日、ハイブリッドレコーダー「RD-X4」のダウンロード販売を開始した。ただし、ダウンロードサイトはサーバが混み合ってアクセスできず、TIDの認証が滞るなど波乱含みのスタートとなった。

[芹澤隆徳,ITmedia]

訂正:初出時、「専門チャンネル」と「スカパー!番組表」を混同する記述がありましたことを訂正します。専門チャンネルは予定通り動作し、これとは別に6月にスカパー!番組表が新たに追加されるというのが正しい情報です

 4月27日18時過ぎ、東芝がハイブリッドレコーダー「RD-X4」の拡張キットダウンロード販売を開始した。しかし、ダウンロード開始直後はサーバが混み合い、なかなかアクセスできない状況が続いた。一方、DEPGでは現在の専門チャンネル番組表にくわえ、スカパー!番組表が新たに提供されることが明らかになった。

 拡張キットは、パソコンなしでEPG予約録画が可能になる「DEPG」をはじめ、「フォルダ機能」、DVD-RWへのVRモード録画などの新しい機能を追加するソフトウェア。ダウンロード販売は27日の18時30分頃に開始したが、すぐにサーバが混み合い、アクセスできなかったり、入力したTID(東芝製品のユーザー登録ID)が正しくても認証されないといったトラブルが起きている。「時間をおいてから、再度アクセスしてほしい」(東芝)。

photo TID(東芝製品のユーザー登録ID)が正しくても認証されないケースがあった。ただし原因はIDや認証サーバの問題ではなく、アクセスの集中。「メッセージの内容が間違っていた」(東芝)

 また同社によると、DEPGにスカパー!番組表を設け、2004年6月以降に「暫定サービス」として提供を開始するという。DEPGは、インターネットを通じて番組情報を取得し、テレビ画面に番組表を表示、録画予約をすることができるiEPG。地上波のみならず、BSデジタル放送やCS放送などで提供されている専門チャンネルまでをカバーした「放送メディアをこえたシームレスな番組表表示」が特徴だ。

 スカパー!番組表の開始時期、提供可能チャンネルなどの詳細は未定で、別途「RD-Style from TOSHIBA」(http://www.rd-style.com/)で公表する予定になっている。ただし、スカパー!番組表は専門チャンネルとはデータ提供元が異なるため、番組表データのみの提供。つまり、番組検索や人名リストによる検索はできないほか、お気に入り番組リストの表示にも制限があるという。

 スカパー!番組表の提供について東芝では、「当初は予定になかったが、専門チャンネルではカバーしきれないチャンネルを補うため、実験的なサービス提供をする」と話している。

photo DEPGの画面

導入手順

 拡張キットは、3つのファイルに分割されたソフトウェアデータ(イメージファイル)、PDF形式の取り扱い説明書、そしてシリアル番号(テキストファイル)の形でダウンロードする。価格は、6500円(税込み)。PDF形式の取扱説明書が付属する。

 RD-X4本体に適用するには、パソコンとトラックイメージ書き込みに対応したライティングソフトを使ってイメージファイルをCD-RやCD-RWに書き込む。ISO9660など「データCD」としてディスク化しても利用できないので注意が必要だ。

 書込み方式は「トラックアットワンス」で、設定がある場合は「クローズセッション」にする。また、テスト書き込みやベリファイチェックなども実行することを推奨している。動作確認済みのソフトは、WindowsならAplix「WinCDR」(4.x以降)、BHA「B's Recorder GOLD」など。Mac OSでは、ロキシオ「Toast 5 Titanium」(v5.x.x)、BHAの「B's Recorder GOLD for Macintosh」(v1.x.x)など(東芝サイトにはそれぞれの設定方法がある)。

 そのCDメディアを「本体内蔵機種コードを“RD-X4EX”へ書き換えるディスク」「拡張キットメインソフト」「拡張キットドライブソフト」の順に、一枚ずつRD-X4本体へインストールしていく。シリアル番号は、「拡張キットメインソフト」インストール時に入力する。なお、アップデートしたRD-X4は、「RD-X4EX」という機種コードになる。

事前にバックアップも必要

 拡張パックの場合、一度インストールを始めたら、途中でやめることはできず、また一度拡張キットを導入すると元に「RD-X4」には戻せない。ネットワーク設定や録画済みタイトルは維持されるが、ライブラリデータ、録画予約データと予約履歴データ、初期設定のチャンネル設定、本体側に存在しない「ネットdeナビ」固有の設定データは失われてしまう。このため東芝では、拡張キットをインストールする前に、忘れずにバックアップをとることを勧めている。

データ バックアップ方法
ライブラリデータ 手動でDVD-RAMにバックアップし、バージョンアップ後に手動で書き戻す
録画予約データ メモを取る
予約履歴データ メモを取る
初期設定のチャンネル設定 DEPG使用時にリセットされるため、固有の設定はメモを取る
ネットdeナビ固有の設定データ メモを取る

 なお、インターネット接続環境のないユーザーのために、限定1000セットのパッケージ版も5月25日に発売予定だ。価格は9500円(税込み、送料手数料含む)。また、印刷された取扱説明書だけがほしい人のために、限定1000冊で取扱説明書だけを販売する。こちらの価格は3500円(税込み、送料手数料含む)となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.