ニュース
» 2004年09月24日 14時19分 UPDATE

東京ゲームショウ2004PSPが大量展示、早速さわってきました

開催されている東京ゲームショウ 2004には、ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「PSP」がプレイアブルな状態で大量に展示されている。早速さわってきた。

[渡邊宏,ITmedia]

 先日、ライバルの「ニンテンドーDS」の発売時期と価格が発表され、動向が注目されるソニー・コンピュータエンタテイメントのポータブルゲーム機「PSP」。開催されている東京ゲームショウ 2004には大量のプレイアブル機が用意されている。早速さわってきた。

photo 東京ゲームショウでのPSPブース。巨大なPSPがお出迎え

 PSPは7月に行われた業界関係者・マスコミ向けイベント「PlayStation Meeting 2004」に、試遊できる実機が展示されたが、それらは台に固定された状態であり、裏返したりすることはできなかった。

 今回のゲームショウに用意されているPSPはいずれも自由に手にとって遊ぶことができるほか、ゲームソフトのパッケージも展示されており、市販化に向けて着々と準備が進んでいることを感じさせる。ちなみに、試遊用として用意されているタイトルは、「ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド(仮)」や「真・戦國無双」、「ぷよぷよ」「みんなのGOLF ポータブル」「グランツーリスモ4 モバイル(仮)」など23タイトル。

photo 展示されているパッケージ。大きさはCDシングルのジャケットよりもやや大きい感じ

 PSPの本体サイズは170(幅)×74(奥行き)×23(高さ)ミリで重さは約260グラム(バッテリー含む)。数字だけみるとそれなりの大きさに感じるが、指の付け根でしっかりと保持できるので、手にしてみると、思ったよりも重さを感じない。

photo 手に持つとこんな感じに収まる
photo

 ボタンの配置も自然で、押しにくさも感じない。ただ、本体左前面に用意されているアナログスティックはスティック自体の高さがあまりないせいか、Play Station 2付属コントローラーに比べるとやや微妙なコントロールが難しく感じた。また、「スタート」ボタンや音量調節は、液晶下部に設けられており、ゲーム中、とっさに押すのは少し難しいかもしれない。

photo アナログスティックの感覚はプレステ付属コントローラーと少々違う。慣れるまで戸惑うかもしれない

 ただ、ボタン配置などがPlay Stationのコントローラーに近い感じでまとめられているせいか、全体としてはポータブル機であることをあまり意識しないで操作することができる。会場でPSPの操作性について感想を尋ねてみても、「思ったよりも重さを感じない」「戸惑わないで操作できる」と操作性を評価する声を聞くことができた。

photo PSPの裏面。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.