レビュー
» 2005年03月24日 01時40分 UPDATE

レビュー:異色のデジカメ付きHi-MDプレイヤー「MZ-DH10P」を試す (1/3)

第2世代Hi-MDプレイヤーのハイエンド「MZ-DH10P」は、新規格「Hi-MD PHOTO」にも対応し、ポータブルMDプレーヤーでありながらデジカメ機能を搭載した意欲的な製品だ。音楽プレーヤーとデジカメの融合がどのように果たされているのかチェックしてみた。

[竹内亮介,ITmedia]

 2004年7月に発売されたHi-MD対応ポータブルMDプレーヤー「MZ-NH1」から半年あまり。ついに投入された第2世代Hi-MD「MZ-DH10P」は、なんとデジカメ機能を搭載した異色モデルだ。このデジカメ機能はもちろん、デジカメとMDプレイヤーが融合することで、どんな使い方が生まれるのか。今回はこうしたギミックを中心にチェックして行きたい。

photo デジカメ機能を搭載したHi-MDプレーヤー「MZ-DH10P」

デジカメを備えた第2世代Hi-MDプレイヤー

 「Hi-MD」とは、既存MD規格との再生互換性を保ちながら、録音時間を約2倍に引き上げた規格。専用の1Gバイトメディアが利用できるほか、ATARC3に加えてATRAC3plus、そして無圧縮のPCMも再生できるようになっている。ここで紹介するMZ-DH10PはSonicStageを利用することによってMP3の再生も可能となっており、より汎用性を高めている点にも注目したい。

 MZ-DH10PはMDディスクをデジカメの記録メディアにできるHi-MDの新規格「Hi-MD PHOTO」にも対応しており、有効130万画素のCMOSセンサーによるデジカメ機能を搭載している。1GバイトのHi-MDディスクならばVGAサイズで約7200枚、標準的な60分ディスクでも約1600枚の撮影が可能だ。

 本体のサイズは84.5(幅)×82.7(高さ)×25.7(奥行き ミリ)・約155グラム(充電池含む)と、MZ-NH1(レビュー)に比べるとやや大振りになった。本体前面には操作を行う十時キーのほか、TFTカラー液晶が搭載されている。SonicStage上で登録したジャケット画像やMZ-DH10Pで撮影した画像が、美しいカラー映像で堪能できる。

photo オーディオモードの基本画面。現在再生中のライブラリデータとともに、登録したジャケット画像が表示される
photo ジャケット画像だけを液晶画面に表示することも可能だ
photo オーディオモードで「Search」ボタンを押すと、「ジャケットサーチ」画面が表示される。ジャケット画像で、再生したいライブラリデータを選択できる

 デジカメ機能が盛り込まれたこともあり、操作の主体がリモコンから本体側に切り替わっている。それに伴い、リモコンが同社ポータブルプレーヤーでは標準的なスティックタイプに変更された。この辺はユーザーの好みではあるが、個人的にはMZ-NH1の多機能リモコンによる操作の方がわかりやすかった気はする。というのも、操作の主体となる十時レバーがちょっと小さすぎて、細かい操作がしにくいように感じるからだ。

photo クレードルには充電ケーブルとPC接続ケーブルの両方が接続できるようになった。MZ-NH1では充電ケーブルしか接続できなかった
photo リモコンはシンプルなスティックタイプが付属する。同社製MDウォークマンでよく使われているものとよく似ている

デジカメは意外と高画質――タイムラグとバッテリ消費が問題

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.