ニュース
» 2005年06月16日 22時42分 UPDATE

シャープ、茶渋もキレイに落とす「パワフルイオン洗浄」食器洗い乾燥機

シャープは独自の「硬水イオン洗浄」をさらに強化した「パワフルイオン洗浄」を備えた食器洗い乾燥機「QW-SC1」「QW-SL1」を発売する。

[ITmedia]

 シャープは6月16日、独自の「硬水イオン洗浄」をさらに強化した「パワフルイオン洗浄」を備えた食器洗い乾燥機「QW-SC1」「QW-SL1」を発表した。7月12日より順次販売され、価格はオープン。

photo 左からQW-SC1(ホワイト/レッド/シルバー)、QW-SL1

 同社の「硬水イオン洗浄」は、塩を使ったイオン交換ボックスで水道水から硬水と軟水を作り出し、洗剤を使わずにその硬水(カルシウムイオンとマグネシウムイオンを多く含み、タンパク質を溶かす特性を持っている)だけで食器を洗い、軟水ですすぐという仕組み。新製品に搭載された「パワフルイオン洗浄」は、これまですすぎにだけ利用されていた軟水も洗浄に利用することで、より洗浄力を高めた。

 2つの洗浄方式は切り替え可能なので、卵などタンパク質の汚れには「硬質イオン洗浄」、口紅や茶渋、まな板の黄ばみなどは「パワフルイオン洗浄」と、汚れに応じた使い分けるができる。

 QW-SC1は25点収納のコンパクトタイプ、QW-SL1は60点収納のファミリータイプ。QW-SC1は奥行きも29センチと短く、水切りカゴの感覚でキッチンに置くことができる。食器の出し入れを行う扉には、1枚扉の「プルアップオープン」方式が採用されており、水道の蛇口や調理器具などとぶつからないスムーズな開閉が行える。

 QW-SL1は、既存製品にも搭載されている食器点数が少ない場合に左ノズルだけを使用して洗浄する「左スポット洗浄」機能に加えて、ボウルや丼鉢だけを洗いたいというニーズに答える「右スポット洗浄」機能をあたらに搭載した。

 サイズはQW-SC1が45(幅)×29(奥行き)×46(高さ)センチ、QW-SL1が55(幅)×34.5(奥行き)×53.5(高さ)センチ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.