ニュース
» 2005年07月15日 21時47分 UPDATE

“10万円液晶テレビ”に不具合

イオンが1万台限定で販売した10万円の32V型液晶テレビに、主音声と副音声が逆になる音声プログラムのミスが判明。ユーザー宅を戸別訪問してプログラム修正に対応するという。

[ITmedia]

 イオンは7月15日、1万台限定で販売した10万円のTECOブランド32V型液晶テレビ「TAL0032」にプログラムミスがある商品があることが判明したため、プログラム修正を行うと発表した。

photo 不具合が判明したTECOブランド32V型液晶テレビ「TAL0032」

 音声出力のプログラムミスで、音声多重放送視聴時に主音声と副音声(2カ国語)が逆になる現象が発生するという。「音声切り替えが取り扱い説明書と異なる、というユーザーからの指摘から、プログラムミスがある製品があることが判明した」(同社)

 液晶テレビを購入したユーザー宅を戸別訪問して、プログラム修正に対応するという。

 “10万円液晶テレビ”「TAL0032」は、東元電機(TECO JAPAN)からイオンが仕入れて、イオングループ7社(イオン、イオン九州、琉球ジャスコ、マイカル、マイカル九州、ポスフール、イオンマルシェ)のデジタル家電を取り扱っている443店舗で販売されたもの。販売告知の時点で大きな話題となり、予定していた1万台も販売日当日の7月8日午前中には完売となっていた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.