ニュース
» 2005年07月21日 13時53分 UPDATE

打倒デジ一眼の最強高倍率ズーム機――松下LUMIX「FZ30」

松下電器産業が、望遠ズームデジカメFZシリーズの新製品「DMC-FZ30」を発表。デジタル一眼レフ機並みの本体に本格機能を満載。新機構のEX光学ズームは最大で光学19倍を実現する。

[西坂真人,ITmedia]

 松下電器産業は7月21日、望遠ズームデジカメ“LUMIX”FZシリーズの新製品として「DMC-FZ30」を発表した。8月26日から発売する。価格はオープンで、店頭での価格は7万5000円前後になる見込み。

photo FZシリーズ新製品LUMIX「DMC-FZ30」

 2004年7月に発表した「DMC-FZ20」の後継機。1/1.8インチ有効800万画素CCDを新たに搭載(FZ20は500万画素)するとともに、ボディサイズも140.75(幅)×85.5(高さ)×138.1(奥行き)ミリ・約674グラム(本体)と大きくなり、小型のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ並みのサイズになった。

photo

 レンズは新設計の手ブレ補正ジャイロ機能付き10群14枚(非球面3枚、EDレンズ1枚)LEICA DC VARIO-ELMARITレンズを採用。レンズ前面には55ミリ径フィルターをダイレクトに装着できる。従来のフォーカスリングに加えて新たにマニュアルズームリングを備えて、デジ一眼により近い操作感での撮影を可能にした。

photo

 液晶モニターはフリーアングル方式の2インチ(23.5万画素)高精細タイプを採用。モニター下のヒンジ部が前後左右に回転することで、ロー/ハイアングルでのフレキシブルな撮影に対応する。EVF(0.44インチ)も23.5万画素の高精細タイプを使用。

photo フリーアングル方式の2インチ液晶

 AF測拒は1点/高速1点/高速3点/9点/スポットから選択可能。1点AF選択時にFOCUSボタン+十字キーでフォーカスエリアを選べる新機能を搭載したほか、マニュアルフォーカス時に十字キーでピント合わせの拡大位置を移動できるようにした。また、FZ5で好評の高速1点AFモードの採用でテレ端で約1/4(0.9秒→0.21秒)ワイド端で約1/2(0.4秒→0.21秒)のAF高速化を実現している。

 撮影解像度を8メガから5メガに落とすことでデジタルズームのような画質劣化がなくズーム倍率をアップできる「EX光学ズーム」を新搭載。5メガ設定時には最大15.3倍(35ミリ判換算で530ミリ相当)、3メガ設定時には最大19倍(35ミリ判換算で669ミリ相当)の望遠ズームが行える。また、テレ端での絞り値をF3.7からF11まで設定可能なため、EX光学ズームと併用して自在な背景ボケ効果をコントロールできるという。

 画像処理エンジンには独自のヴィーナスエンジンIIを搭載して高画質化と高速レスポンスを両立。専用リチウムイオン充電池は710mAhの大容量タイプで撮影可能枚数(CIPA準拠)も約280枚(FZ20は約240枚)とアップ。本体色はブラックとチタンシルバーの2色をラインアップした。

photo

 主な仕様は以下の通り。

型名 LUMIX DMC-FZ30
有効画素数 800万画素
撮像素子 1/1.8インチ、総画素数832万画素CCD、原色フィルター
レンズ 10群14枚(非球面3枚、EDレンズ1枚)LEICA DC VARIO-ELMARIT
ズーム(光学/デジタル) 12倍/4倍
焦点距離 7.4〜88.8ミリ(35ミリ換算:35〜420ミリ)、F2.8〜3.7
フォーカス 通常・マクロ/マニュアルフォーカス/ワンショットAF/コンティニュアスAF、AF測拒:1点/高速1点/高速3点/9点/スポット
合焦範囲 通常:30センチ〜∞、マクロ:5センチ(広角側)
露出 プログラム/絞り優先/シャッタースピード優先/マニュアル露出/プログラムシフト/AEロック、露出補正:1/3EVステップ、-2〜+2EV、オート(AE)ブラケット:1/3〜1EVステップ、3枚
記録メディア SDメモリーカード/MMC
電源 専用リチウムイオンバッテリーパック
電池寿命 約280枚(CIPA規格)
サイズ 140.75(幅)×85.5(高さ)×138.1(奥行き)ミリ
重量 約674グラム(本体)、約740グラム(バッテリー、メモリーカード含む)
価格 オープン(実売7万5000円前後)
発売時期 8月26日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.