レビュー
» 2005年08月29日 09時15分 UPDATE

レビュー電池切れや失敗写真の心配いらず――カシオ「EXILIM ZOOM EX-Z500」 (1/5)

薄型デジカメの代名詞「EXILIM」の新しい光学3倍ズーム機「EX-Z500」は、充実した機能や手軽な操作性など完成度の高い1台。撮影の失敗も、電池切れの心配もない、安心できるカメラだ。

[小山安博,ITmedia]

 カシオ計算機のEXILIMシリーズといえば、薄型デジカメの代名詞的存在だ。コンパクトながら大画面液晶・長寿命・動画に強いといったあたりも特徴的で、最近では「アンチシェイクDSP」と銘打った手ブレ・被写体ブレを軽減する信号処理技術を新たに搭載するなど、意欲的な開発が続けられている。

 今回レビューする「EXILIM ZOOM EX-Z500」(以下、EX-Z500)は、光学3倍ズームを搭載したコンパクトデジカメだ。同じ光学3倍ズーム搭載の「EXILIM CARD EX-S500」は、ズームレンズ搭載とは思えない薄さでインパクトがあったが、EX-Z500は一見したインパクトは少ない。

 しかし、薄さだけがインパクトではない。EX-Z500の充実した機能や手軽な操作性は完成度が高く、EX-S500よりも大型であるが故の大きな特徴も備えたカメラだ。

photo 2.7インチ液晶を搭載したEXILIM ZOOM EX-Z500

2.7インチの大画面は使いやすい

 EX-Z500を最初に見て驚くのが、その液晶サイズだ。本体背面の大部分を占める液晶は、現在の主立ったデジカメよりも大きい。それもそのはず、現時点で主流となっている2.5インチを超える、2.7インチという大型液晶を搭載しているのだ。同社はすでに「EX-Z57」で2.7インチ液晶を搭載してきており、実際には2.5インチと2.7インチではそれほど大きな違いはないのだが、それでもやはり迫力のある大きさだ。

photo とにかく大きな液晶。表示される情報量も多い

 液晶は、輝度調節機能で明るさも変えられ、見やすさは十分。15万3600画素ということで、少し精細さに欠けるところが残念だが、それでも視野角や輝度はほかの大型液晶搭載デジカメに劣る点は感じられない。

 大型液晶のため、表示される情報量の多さも魅力だ。フラッシュの状態や画素数・画質、撮影可能枚数といった一般的な情報から、リアルタイムヒストグラムの表示も可能。しかもヒストグラムは、RGBの各色も個別に表示できる。

 フラッシュモードなど、設定を変更した場合などに吹き出し文字で状態が表示されるのも分かりやすい。

photo 設定変更時に表れる吹き出し。文字も見やすい

 またシャッターボタンを半押しすると、AFポイントに加えてISO感度、シャッタースピード、絞り値も表示される。

 大画面は、再生時にも生かされる。大型で見やすいだけではなく、ヒストグラム、露出補正値、ホワイトバランス、ISO感度、絞り値、シャッタースピードなどと行った撮影に必要な情報はおおよそ表示させることができ、それでも画面が狭苦しく感じないのは、液晶の大きさのためだろう。

 サムネイルは9コマ表示で、さらにカレンダー表示も可能。カレンダーは1カ月単位で、撮影日に応じて各日付に画像が表示される仕組みで、カレンダーも大きく表示されて分かりやすい。

少ないボタン数で悩まない

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.