ニュース
» 2005年09月07日 14時54分 UPDATE

リコー、手ブレ補正付き7倍ズームを備えたコンパクトデジカメ「Caplio R3」

リコーはコンパクトデジカメ「Caplio R3」を10月中旬から販売する。マクロ/広角に強いというシリーズの特徴はそのままに、手ブレ補正付き光学7.1倍ズームを備えた。

[ITmedia]

 リコーは9月7日、デジタルカメラの新製品として「Caplio R3」を10月中旬から販売すると発表した。価格はオープンだが、実売想定価格は5万円前後。

photo Caplio R3

 新製品はCaplio R2と同じく、沈胴式レンズを搭載したコンパクトデジカメ。レンズ収納時、レンズ群の一部を鏡胴外に逃がすことでコンパクト化を図る「リトラクティングレンズシステム」をさらに発展させた「ダブルリトラクティングレンズシステム」によって、光学7.1倍(35ミリ換算28ミリ〜200ミリ)のレンズをCaplio R2よりも小型なボディに搭載した(Caplio R2は35ミリ換算28ミリ〜135ミリ/4.8倍)。

 CCDは1/2.5インチ有効513万画素で、倍率がアップした光学レンズに対応するため、新開発のCCDシフト式手ブレ補正機能が搭載された。シャッタースピードにして2段〜3段分の効果を発揮するとしており、望遠撮影時にはもちろん、マクロやフラッシュを使用しない室内撮影時にも威力を発揮する。画像処理システムにはCaplio R2/GX8などと同じく「スムースイメージングエンジン」が搭載されており、AVI形式(Open DML Motion JPEG フォーマット準拠)の動画撮影も行える。

 最短1センチまでのマクロモードも引き続き搭載するほか、焦点距離を被写体に最も近く、かつ大きく撮影できる位置に自動設定する「ズームマクロ」を備えた。また、斜めから撮影した画像を正面から撮影したように補正する「ななめ補正機能」も新搭載された。

 背面の液晶はCaplio R2と同じく2.5インチで、12枚同時プレビューや前後の撮影画像を確認できる3画面表示も行える。本体サイズは95(幅)×53(高さ)×26(厚さ)ミリ/約135グラム(本体のみ)。記録メディアはSDメモリーカードで、26Mバイトのメモリを本体帯に内蔵する。付属の充電池で約310枚(CIPA基準)の撮影が可能だ。

製品名 Caplio R3
撮像素子 1/2.5インチ 有効513万画素CCD
レンズ 手ブレ補正付き光学7.1倍(35ミリ換算 28〜20mm)、デジタルズーム 3.6倍
撮影距離 30センチ〜∞(マクロ時:1〜∞センチ)
記録画素数 静止画:2592×1944/2592×1728/2048×1536/1280×960/640×480、動画:320×240/160×120
記録形式 静止画:JPEG(DCF準拠DPOF対応、Exif 2.21)、動画:AVI(Open DML Motion JPEG フォーマット準拠)
感度設定 オート、ISO 64/100/200/400/800
液晶ディスプレイ 2.5インチ透過型アモルファスシリコンTFT液晶(約11.4万画素)
記録メディア SDメモリーカード/MMC
サイズ 95(幅)×53(高さ)×26(奥行き)ミリ
重さ 約135グラム(本体のみ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.