ニュース
» 2005年10月07日 22時00分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2005:立ち上がり始めたDLNA、来年には対応製品が本格展開へ (1/2)

今回のCEATECでは、DLNA(Digital Living Network Alliance)が単独でブースを構えるなど、いよいよ立ち上がり始めたことをアピール。対応製品の展示や、DLNAで実現するホームネットワークの世界を紹介していた。

[小山安博,ITmedia]

 CEATEC JAPAN 2005では、立ち上がり始めたDLNA(Digital Living Network Alliance)も単独でブースを構え、各社の対応製品を展示するとともに、DLNAで実現するホームネットワークの世界を紹介していた。

photo DLNAブースで接続されていた機器のメーカー(一部)。いずれかがサーバーになり、それ以外がクライアントとなる

 DLNAは、有線/無線LANで接続されたPCや家電などの製品間でデジタルコンテンツをやりとりするための仕様で、これに対応した製品であればメーカーを問わず、HDDレコーダーやPCの映像をLAN経由でテレビに出力することができる。6月にガイドラインの1.0がリリースされ、現在は各社から対応した製品が登場してきている。

photo デジオンのネットワークDVDレコーダー「DiXiM DMR-1000」。11月発売予定
photo CD/DVD作成ソフトのオールインワンパッケージ「Nero 7 Premium」。このうち、「MediaHome」がDLNA対応のサーバーソフトとなる。今年のクリスマス商戦までにはリリースしたいという
photo ソニーの薄型テレビ「BRAVIA」シリーズ
photo シャープのAVセンターパソコン「PC-TX32J」
photo ケンウッドのカーナビ。9月に開催された「A&Vフェスタ2005」でも出展されていたもの。同じくケンウッドはポータブルオーディオプレイヤーも出展していたが、いずれも製品化は未定の状態

 「日本市場が世界に先駆けて立ち上がってきている」(DLNA 富樫浩氏)というとおり、国内メーカーのDLNA対応が進んできており、特に今冬以降の製品でDLNA対応製品が急増している。9月からはDLNAロゴ認証プログラムも開始されており、このロゴを受けた製品は、異なるメーカー間でも接続性が保証され、今後こういった製品が登場してくることが期待されている。ちなみにこのプログラムでの認証は「おおむね1日」(同)程度で取得できるそうだ。

 今回DLNAブースで展示されていたのは、シャープやソニー、富士通、NECといったPCメーカーの新製品のうち、DLNAに対応したもの。またソニーや東芝、シャープのテレビ、HDDレコーダー、ケンウッドのカーナビゲーションシステム、ミツミのデジタルメディアアダプターなど、豊富な製品が一堂に会していた。

 発売中の製品から、発売予定、参考出品までさまざまな出展が並んでおり、DLNA製品の順調な立ち上がりを予感させた。DLNAガイドラインは、現在の1.0に引き続き、1.5を策定中で、ガイドライン自体は年内にも完成、最終的には早ければ来年半ばごろには1.5対応製品が登場してくる見込みだという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.