ニュース
» 2005年10月13日 17時54分 UPDATE

ソニー、「PSP」を“ロケーションフリーTV”にするアップデート

ソニーは、ロケーションフリーベースステーション「LF-PK1」と「PSP」のシステムソフトウェアバージョンアップを発表した。PSPには「ロケーションプレイヤー」を追加。ロケーションフリーTVとして利用できる。

[ITmedia]

 ソニーは10月13日、ロケーションフリーベースステーション「LF-PK1」と「PSP」のシステムソフトウェアバージョンアップを発表した。PSPには「ロケーションプレイヤー」を追加。LF-PK1の「ネットAV」機能を使えば、自宅で受信したテレビ放送や外部ビデオ機器の映像をインターネット経由で外出先からも視聴できるようになる。

photo ロケーションフリーベースステーション「LF-PK1」(左)と「PSP」

 LF-PK1は、同社のロケーションフリーTVのベースステーションだけを単独で製品化したネットワーク対応チューナー。クライアントは専用ソフトウェアをインストールしたPCだけだったが、今回のアップデートでPSPをクライアントにできるようになった。

 新しいシステムソフトウェアは、「LF-PK1」が「バージョン2.000」、「PSP」が「バージョン2.50」。PSPの場合、システムソフトウェアはネットワーク経由もしくはUMD(ゲームソフトに含む)で提供される。バージョンアップすると、PSPの「ネットワーク」メニューに「ロケーションプレイヤー」が、またネットワーク設定のセキュリティ項目に「WPA-PSK(AES)」が追加される。このほか、動画配信サービスなどで提供される著作権保護された動画の再生が可能になるなどの機能強化を図った(メモリースティック・デュオに保存された動画)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.