コラム
» 2006年02月14日 08時39分 UPDATE

コラム:1ギガiPod nanoの登場は何を意味するのか (1/3)

突如発表された1ギガiPod nano。shuffleの値下げもあわせて行われたことから低価格帯iPodへのテコ入れと見られているが、それだけではない“何か”を感じることもできる。

[渡邊宏,ITmedia]

 2月7日の深夜、1Gバイト版のiPod nanoが発表された。同社の新製品は年頭に行われるMac World Expoで発表される(あるいはお披露目される)ことが多いが、iPod関連だけはその限りではないようで、iPod nanoや第5世代iPodもある日突然に発表され、販売が開始されている。

photo iPod nano

 iPod nanoについては既存の2G/4Gバイト版も併売され、同時にiPod shuffleの値下げも行われた。今回の新製品投入によって、iPodシリーズは以下のような商品構成となったわけである。容量は512Mバイト〜60Gバイト、価格も7900円〜4万6800円までと幅広い構成になっている。

名称 容量 価格 備考
iPod 60Gバイト 4万6800円 2.5インチ液晶、動画対応
iPod 30Gバイト 3万4800円 2.5インチ液晶、動画対応
iPod nano 4Gバイト 2万7800円 1.5インチ液晶、静止画対応
iPod nano 2Gバイト 2万1800円 1.5インチ液晶、静止画対応
iPod nano 1Gバイト 1万7800円 1.5インチ液晶、静止画対応
iPod shuffle 1Gバイト 1万1900円 液晶画面なし
iPod shuffle 512Mバイト 7900円 液晶画面なし

 この製品ラインアップを容量と価格に注目して図表化するとこうなる。

photo

 左からiPod shuffle(512Mバイト)、iPod shuffle(1Gバイト)、iPod nano(1Gバイト)、iPod nano(2Gバイト)、iPod nano(4Gバイト)、iPod(30Gバイト)、iPod(60Gバイト)となるわけだが、新製品の投入からも3万円以下の層をボリュームゾーンと位置づけていることが分かる。

 毎週掲載しているGfKマーケティングの販売データからも分かるよう、ポータブルプレーヤーという製品について国内マーケットではハイエンドの商品よりも、コストパフォーマンスの高い製品、言い換えればある程度の機能は備えながらも、値ごろ感のある商品が人気を集める傾向がある。

 つまり、1GバイトiPod nanoは機能はそのままながらも、メモリ容量を少なくすることで低価格化を進め、より“売れ筋商品のラインアップを厚くする”ことを狙った商品であるといえる。

 ただ、新製品の投入は“売れ筋を追加しましたよ”という販売戦略的な事情だけではない何かも感じさせる。そのあたりを“勘ぐって”みよう。

次ページ「Mac World開催前にとびかった2つのウワサ」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.