コラム
» 2006年07月27日 06時11分 UPDATE

コラム:“キッダルト”って何だ (1/2)

先日、有明の国際展示場で「東京おもちゃショー」が開催された。ありとあらゆる玩具が並ぶ中、ひときわ熱い視線を集めていたのが「キッダルト」と呼ばれる商品群だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 先日、有明の国際展示場で「東京おもちゃショー」が開催された。28の海外メーカーを含む166の企業や団体が出展し、展示された玩具の総数は3万5000点以上。ありとあらゆる玩具が並ぶ中、ひときわ熱い視線を集めていたのが「キッダルト」と呼ばれる商品群だ。

 子どもが主な客層となる玩具業界では、かなり以前から「少子化対策」が取り沙汰され、「対象年齢の幅を広げる」商品に力を入れてきた。事実、“脳トレ”などの既に確立されたジャンルも多く、好調な「ニンテンドーDS」も、大人たちの需要がなければ、ここまで盛り上がることはなかったと予想される。

 そんな状況なら、対象年齢の拡大から一歩踏み出して、最初から大人にターゲットを絞った玩具が登場してくるのは自然な流れだ。「キッダルト」という言葉は、「キッズ」と「アダルト」を組み合わせた合成語で、「子ども心を持った大人達、あるいは大人になっても子どもの心を忘れない人たちを対象にした商品」(日本玩具協会のニュースリリース)を指すという。

 「キッダルト」は、主にアパレル業界で使われているマーケティング用語で、子どもっぽいかわいらしさを持つ服装や髪型などが“キッダルト”に分類されているようだ。一方の玩具業界はというと、いまひとつ定義が曖昧。しかし、おもちゃショーに並んだ商品から、なんとなく傾向は見えてきた。

 1つには、玩具という手軽さを持ちながら、大人が楽しめる“仕掛け”を併せ持ったもの。タカラトミーの「SKYSHIP」や「エアロソアラ」などは、その代表格だろう。その証拠に、SKYSHIPの組み立てや、エアロソアラの操縦には大人だって苦労する。もちろん、それが楽しいわけだが。

photo 飛行船、飛行機とくれば、次は当然ヘリコプター。タカラトミーが参考出展した「エアロコプター」は、全長20センチほどのラジコンヘリ。上昇・下降はもちろん方向転換も思いのまま。同社では「鋭意開発中」としており、発売時期や価格は未定だ
photo 普通のプルバック式玩具と思いきや、走ってる途中で突然「ドリフト」を始めるRE雨宮仕様のFD。その仕掛けとは……? ちなみに10月発売予定で価格は1029円。メーカーはIWAYA CORPORATION
photo 仕掛けは、背面にある第5のタイヤ。これがギアの回転数に応じて回り出し、走行中に車体が滑り出す仕組みだ。紙コップで修行している走り屋が見たら「反則」というかもしれない

 この手の商品は懸賞やノベルティといったギフト商材としても利用されることが多く、メーカーとしても無視できないジャンルだ。たとえばSKYSHIPは石油会社など複数の企業ロゴが入ったことがあり、今回のエアロソアラも東洋水産がキャンペーンに採用済み。「ホットヌードル」の蓋をめくって「当たり」が出たら、もれなく青い「ホットヌードル」ロゴ入り“マルちゃんオリジナルエアロソアラ”がもらえる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.