ニュース
» 2006年08月15日 17時29分 UPDATE

NECエレ、HD DVDレコーダー向け画像処理LSIを量産開始

NECエレクトロニクス8月15日、HD DVDレコーダー向け画像処理LSIの量産を開始した。HD DVDレコーダーの市場投入を加速させると予想される。

[ITmedia]

 NECエレクトロニクス8月15日、DVDレコーダー向け画像処理LSI「EMMA2RH」に次世代DVD対応の基本ソフトウェアを搭載した「EMMA2RH/HD」のサンプル出荷と量産を開始したと発表した。

 このチップは、デジタルハイビジョン放送の受信機能とDVDレコーダー機能をワンチップに統合したLSI。HD DVDやHDDにハイビジョン放送をそのままの画質で録画する「SOB記録」処理機能や、同じくHD DVDやHDDにアナログ放送を記録する「VOB記録」処理機能のほか、HD DVDディスクへの録画に必要なAACS支援機能を搭載することで、「HD DVD-VR」形式の記録を可能にする。

photophoto 「EMMA2RH/HD」を搭載した東芝のRD-A1(左)、RD-A1の画像処理回路(右)

 既に東芝のHD DVD/HDDレコーダー「RD-A1」に搭載されており、サンプル価格は1個2万5000円。このLSIを搭載することによって、HD DVDソフト再生機能を除く大部分のデジタル/アナログ録画・再生機能をワンチップで実装可能であり、同社では「HD DVDレコーダーの構築に最適な製品」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.