レビュー
» 2006年08月18日 18時48分 UPDATE

使いやすさが向上した定番広角デジカメ――松下「LUMIX DMC-FX50」 (1/4)

「広角に強い」松下LUMIXシリーズの夏モデルが登場。注目の「DMC-FX50」は、定番の薄型コンパクトボディに3インチの大画面液晶と手ブレ補正機構まで搭載した。その実力は?

[小山安博,ITmedia]

 松下電器産業のコンパクトデジタルカメラ「LUMIX」シリーズの夏モデルが投入された。発表されたうちのスタイリッシュコンパクトに位置づけられる3モデルは、すべて焦点距離が28ミリ相当のレンズとなり、松下電器産業が早くから訴えてきた「広角に強い」をさらに拡大した形だ。

 今回レビューするのは、同クラスでは最上位モデルに位置づけられる「DMC-FX50」(以下、FX50)。「DMC-FX01」の上位モデルとされるが、一見した印象はけっこう変わった。意外に大きな変更点もあるので要注目だ。

photo 人気デジカメの新モデルとなるDMC-FX50

大型化でさらに見やすくなった液晶

 一番の大きな違いは液晶サイズ。FX01までは2.5インチの液晶だったが、今回とうとう3.0インチとデジカメでは最大クラスのものを搭載。画素数もきちんと20.7万画素から23万画素になっており、相変わらず液晶の質はいい。

photo 本体背面。液晶の大型化の割に、背面に多少余裕がある印象があるのはジョイスティックのおかげか

 これまで通りのパワーLCDも搭載しており、DISPLAYボタン長押しで液晶の輝度を最大化するパワーLCDや、下から液晶を見上げた場合に見やすくするハイアングルモードが選択できる。

photo ハイアングルは頭上にかざしての撮影で便利。逆にローアングルでの撮影にも対応できるとうれしいのだが

 液晶の大型化にともなって、本体が大きくなったのは、仕方がないとはいえ残念なところ。本体サイズは約97.7(幅)×57.1(高さ)×25.1(奥行き)ミリ、約151グラム(本体のみ)で、FX01と比べて幅で約3ミリ、高さで約6ミリ、奥行きで約1ミリ、重さで約20グラム、それぞれ大型化している。幅の増加分に比べて高さがより増えており、何となくずんぐりした印象になっている。

photo ちょっとずんぐりした印象のFX50。全体のデザインとしてはそれほど変更はない

 今までのFXシリーズは横長の筐体というイメージがあったため、一見すると意外な感じのする形状になってしまった。ちょっと好みが分かれるところかもしれない。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.