ニュース
» 2006年11月30日 17時14分 UPDATE

エプソンの実売35万円フルHDプロジェクター、発売日決定

セイコーエプソンは実売35万円のフルHDプロジェクター“dreamio(ドリーミオ)”「EMP-TW1000」の発売日を12月15日と発表した。

[ITmedia]

 セイコーエプソンは11月30日、ホームシアター向け液晶プロジェクター“dreamio(ドリーミオ)”「EMP-TW1000」の発売日を12月15日と発表した。価格はオープンで、実売想定価格は35万円前後。

photophoto フルハイビジョン対応ホームシアター向け液晶プロジェクター“dreamio(ドリーミオ)”「EMP-TW1000」

 本製品は自社開発の第6世代(D6)液晶パネル「クリスタルクリアファイン(C2FINE)」を搭載した3LCD方式のフルハイビジョン対応プロジェクター。オートアイリス(光学絞り機能)の制御最適化で1万2000:1という高いコントラスト比を実現している。輝度は1200ANSIルーメン。

 映像回路には、1080i対応のI/P変換回路を内蔵。1080iの入力信号に対して2-3プルダウンに対応したI/P変換が可能になった(従来は480iのみ対応)。インタフェースには、HDMI 1.3対応のHDMI端子のほか、D4/コンポーネント/Sビデオ/コンポジット/RGB(ミニD-Sub15ピン)を各1系統搭載する。HDMI 1.3については、製品発表時には「申請中」となっていたが、正式に認定された。

photophoto 新開発の高解像度レンズを搭載。大口径ガラス非球面レンズや低分散ガラス(ED)レンズの最適配置によって色収差などを減らし、従来モデルに比べて大幅な解像度アップを実現した

 主な仕様は以下の通り。

型番 ELP-TW1000
液晶パネル 0.74型ワイドポリシリコンTFT液晶パネル(16:9)
画素数 1920×1080×3
輝度 1200 ANSIルーメン
コントラスト比 12000:1
色再現性 10億7000万色(10Bitカラープロセッシング)
対応ビデオ信号 525i/525p/750p/1125i/1125p、コンポーネント、Sビデオ、コンポジット
対応PC信号 VGA/SVGA/XGA/SXGA
入力端子 HDMI(Ver.1.3)/D4/コンポーネント/Sビデオ/コンポジット/RGB(ミニD-Sub15ピン)各1系統
サイズ 406(幅)×310(奥行き)×124(高さ)ミリ
重さ 約5.6キロ
投写レンズ 2.1倍マニュアルズームフォーカスレンズ(22.5〜47.2mm、F2.0-3.17)
光源 170ワット(E-TORL)UHEランプ
投影サイズ 30〜300インチ
騒音レベル 26デシベル(シアター・ブラック1、シアター・ブラック2)
実売価格 35万円前後
発売時期 12月

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)